きのこと鶏団子のキムチ豆乳鍋

20

2018.11.02

分類主菜

調理時間: 20分

ID 367876

楠みどり

フードコーディネーター、野菜ソムリエ

きのこの美味しい季節になりました。たっぷりのきのこと鶏団子を豆乳で頂くヘルシーなお鍋です。マイルドな豆乳とふんわりとした口当たりの鶏団子が良く合います。キムチを加えて味のアクセントを付けると飽きずに食べられます。

    材料4人分(直径20㎝の土鍋を使用しています。鶏団子は一口サイズが12個程度作れる分量です。)
    鶏ももひき肉 150~160ℊ
    ひとつまみ
    豆腐 75ℊ
    1個
    A
    長ネギのみじん切り 5センチ分程度
    A
    生姜のすりおろし 少々
    A
    大さじ1
    A
    片栗粉 大さじ1~2
    しめじ 1/2株
    えのきたけ 1袋
    キャベツ 1/4個
    長ネギ 1/2本
    ニンジン 少々
    キムチ(市販) 100ℊ程度
    B
    出汁 200㎖
    B
    豆乳 400㎖
    B
    醤油 小さじ2
    B
    少々
    作り方
    Point!
    小さなお子さんがいるご家庭では、キムチは別添えにしてください。キムチ以外にも味噌を溶き入れてアクセントを付けても美味しいです。焦げ付かないように火加減に注意しながら煮てください。表面にできる膜は湯葉ですのでお召し上がりください。
    1. 【鶏団子を作る】
      ボウルに鶏ももひき肉と塩を入れて、粘りが出るまで手でしっかりと混ぜ合わせる。豆腐を加えて全体がなじんだら卵を割り入れてさらに混ぜ合わせる。A

      長ネギのみじん切り 5センチ分程度、生姜のすりおろし 少々、酒 大さじ1、片栗粉 大さじ1~2

      を加えて全体をひとまとめにする。(タネがゆるすぎる場合は片栗粉で調整してください。)
    2. 鍋に湯を沸かし、1を2本のスプーンで丸く成型しながら落とし入れる。浮いてきたらさらに2分ほど茹で、茹であがったものからザルにあげておく。(食べきれない分は味付けをする前に冷凍保存できます。)
    3. しめじは石づきを落として手でほぐす。えのきたけは根元を落とす。
      キャベツはくし形切りにする。長ネギは斜めに薄切りにする。ニンジンは薄い輪切りにして、あれば花型でくり抜く。
    4. B

      出汁 200㎖、豆乳 400㎖、醤油 小さじ2、塩 少々

      を合わせて弱めの中火にかけ、スープを作る。
    5. 土鍋に3の野菜を敷き詰め、4のスープを注ぐ。蓋をして弱めの中火で5分ほど煮る。野菜が柔らかくなったら、鶏団子を食べられる分だけ加える。キムチ(市販)を添えて混ぜ合わせながら頂く。
    6 126
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「豆乳鍋 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。