レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【常備菜】人参と桜えびのお豆腐そぼろ

副菜

【常備菜】人参と桜えびのお豆腐そぼろ
  • 投稿日2016/05/11

  • 調理時間10(豆腐を水切りする時間は除く。)

人参&桜えびでカロチンとカルシウムたっぷりのヘルシーな豆腐のそぼろ。 桜えびの旨みが人参とお豆腐の甘味を引き立て、人参のくせは全く無いので子供もパクパク。朝ごはんやお弁当に。

材料つくりやすい分量

  • 木綿豆腐
    200g
  • にんじん
    50g(すりおろした状態で)
  • 桜えび(乾燥)
    大さじ2
  • なたね油
    小さじ2
  • A
    本みりん
    大さじ1/2
  • A
    小さじ1/6

作り方

ポイント

綺麗な彩りをいかすため、お醤油でなく塩ベースにしています。 彩りがいいのでお弁当にも最適です。 1歳くらいの小さい子どもさんにもオススメです。

  • 1

    にんじんは皮をむき、すりおろした状態で50g用意する。 木綿豆腐を水切りする。 ※早い水切り方法・・・キッチンペーパーでくるみ、レンジ600wで2分加熱。 新しいペーパーでくるみ直しあら熱がとれるまで放置。 冷めたらペーパーの上から手でしっかり水気を絞る。

  • 2

    フライパンになたね油を入れて中火にかけ、桜えびを炒める。 こうばしい香りがしてきたら、にんじんを加え、1分ほど炒める。

    工程写真
  • 3

    2の豆腐を崩しながら入れ、木べらでほぐしながらポロポロになるまで炒める。 A 本みりん大さじ1/2、塩小さじ1/6を加えさらに1〜2分炒める。

    工程写真
レシピID

138833

「豆腐」の基礎

「にんじん」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

河埜 玲子
Artist

河埜 玲子

医師・料理家・日本キッズ食育協会医学アドバイザー・キッズ食育マスタートレーナー。11歳の娘を持つ医師。 「家庭のキッチンで出来る病気予防」をテーマに、忙しくても実現可能な簡単・美味しい健康レシピを提案。食の観点から予防医学を家庭に広げていきたいと思っている。 また、子どものうちに正しい食の知識を身につけることが、将来の健康に非常に重要だということから、子どもの食育を広げる活動も行っている。 子育てをしながら仕事を続ける自らの経験をもとに、 忙しくても、子どもに栄養満点で手作りのお料理を食べさせてあげたいという願いを叶える、栄養バランスが取れる時短・作り置きレシピを発信。 著書 「医師が教える 一品で栄養バランスが取れるレシピ」(SBクリエイティブ)。

「料理家」という働き方 Artist History