レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

モロッコ風チキンの塩レモン南蛮

主菜

モロッコ風チキンの塩レモン南蛮
  • 投稿日2016/07/22

  • 調理時間15

お気に入りに追加

132

塩レモンはレモンの梅干しのような味わいで、懐かしモロッコのタジンを想い出しました。 その味の応用版で南蛮漬けを作ってみました。 夫に褒められレシピですので、お勧めしたいです♪ 1014年7月1日のレシピです。

材料1人分

  • A
    鶏もも肉
    150g
  • A
    塩レモン汁
    大さじ1
  • A
    粗びき胡椒
    適宜
  • A
    塩レモンの皮(くし型切り)
    1/4個
  • A
    ニンニクのすりおろし
    小さじ1
  • A
    クミン
    小さじ1/2~1
  • A
    パセリ
    大さじ1/2
  • サラダ油(健康オイル)
    適量※
  • 薄力粉
    適量
  • B
    玉ねぎ
    1/4個
  • B
    人参
    25g
  • B
    塩レモン汁
    小さじ2
  • B
    レモンの汁
    小さじ1/2
  • B
    鷹の爪
    好みで
  • 塩レモンの皮
    1/2個分

作り方

ポイント

鶏肉は夫が好きな鶏モモ肉を使いましたが、胸肉でもきっと美味しい思います。 フライパンでこんがり香ばしく焼くのが美味しく作るコツです。

  • ・玉ねぎはくし形に薄く切る。 ・人参はピーラーで薄く斜めに長めに切り千切り。 ・B 玉ねぎ1/4個、人参25g、塩レモン汁小さじ2、レモンの汁小さじ1/2、鷹の爪好みで調味料を入れて味をなじませておく。 ・塩レモンの皮を細かく切る。

  • 1

    鶏モモ肉にA 鶏もも肉150g、塩レモン汁大さじ1、粗びき胡椒適宜、塩レモンの皮(くし型切り)1/4個、ニンニクのすりおろし小さじ1、クミン小さじ1/2~1、パセリ大さじ1/2の調味料を加えてマリネしていきます。 余分な脂と筋を切り取りペーパーで拭く。 ニンニクのすりおろし、クミン、粗びき胡椒をお肉に良く揉みこむ。 パセリをみじん切りに切り、上からかけて抑えてなじませる。 20分ほど冷蔵庫で休ませておく。

    工程写真
  • 2

    薄力粉をうすく茶こしでに全体にかける。

    工程写真
  • 3

    フライパンにサラダ油(健康オイル)をフライパン底から1センチほど入れ、中火で手をかざして温まったら薄力粉をまぶしたお肉を投入。 周りが白っぽくなったらひっくり返して両面をこんがりと焼きつける。

    工程写真
  • 4

    火を弱火にして3分ほど蒸し焼きにする。

    工程写真
  • 5

    チキンをキッチンペーパーの上に取り出して油を切る。 お皿にお肉を盛りつけて、①の南蛮玉ねぎソースをたっぷりとのせて輪切りの赤唐辛子をトッピングして完成。

    工程写真
レシピID

135806

「鶏もも肉」の基礎

「玉ねぎ」の基礎

「にんじん」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

鶏肉料理」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

吉村ルネ
Artist

吉村ルネ

低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

「料理家」という働き方 Artist History