レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

タイのおこげのマイルドな海老レッドカレー

主食

タイのおこげのマイルドな海老レッドカレー
  • 投稿日2016/04/07

  • 調理時間30

メキシコの唐辛子とタイのレッドカレーを混ぜたら最高に美味しいレッドカレーが完成しました。 ヒヨコ豆のほっくりと優しい味わいが、揚げたてのおこげにピッタリ。 おこげとレッドカレーを合わせるのはタイの食べ方です。

材料2人分

  • 揚げおこげ
    6~8枚(乾燥)
  • サラダ油
    適量
  • 乾燥カルフォルニアレッドペッパー
    2本(鷹の爪でもOK)
  • A
    生赤唐辛子
    1本
  • A
    にんにく
    2片(薄切り)
  • A
    パクチー
    1束(約30g・粗みじん切り)
  • A
    ブラウンシュガー
    大さじ1(きび糖)
  • サラダ油
    大さじ2
  • レッドカレーペースト
    大さじ1
  • B
    ココナッツミルク
    2.5カップ
  • B
    ココナッツファイン
    大さじ2
  • 玉ねぎ
    1/2個(ざく切り)
  • C
    ひよこ豆
    2/3カップ
  • C
    茄子
    1本(1cm角)
  • C
    トマト
    1個(1cm角)
  • C
    赤パプリカ
    1/2個(幅1cm×長さ3cm)
  • C
    海老の塩辛(韓国製)
    小さじ2
  • C
    コンソメ顆粒
    小さじ1/2
  • 海老
    160~180g
  • バジルの葉
    10枚

作り方

ポイント

乾燥タイプのカリフォルニアまたはメキシコ産の赤唐辛子がない場合は、鷹の爪や甘めのタイプのローストしているパプリカを使ってください。このパプリカを使う際は粉のパプリカ大さじ1~2 ほど入れて下さい。

  • レッドカレーはタイ製のレッドカレーペーストを使用しました。

  • 1

    乾燥カルフォルニアレッドペッパーは軸を切り、縦長に切って種を取り出して千切り。 (鷹の爪の場合は同じように縦に切り種を取り、キッチンバサミで輪切りにする)

  • 2

    A 生赤唐辛子1本、にんにく2片、パクチー1束、ブラウンシュガー大さじ1をすり鉢などに入れ、すりこ木や麺棒で潰してペーストにする。

  • 3

    鍋にサラダ油、1の乾燥赤唐辛子を入れて1分ほど弱火で炒める。 続いて2のペーストを加えて混ぜ、更に2分炒める。

  • 4

    レッドカレーペーストを入れて混ぜたら、中火にしてB ココナッツミルク2.5カップ、ココナッツファイン大さじ2を加えてさっと混ぜ、ざく切りに切った玉ねぎを入れ、蓋をして3分ほど煮る。

  • 5

    ハンドミキサーでペースト状にする。

  • 6

    C ひよこ豆2/3カップ、茄子1本、トマト1個、赤パプリカ1/2個、海老の塩辛(韓国製)小さじ2、コンソメ顆粒小さじ1/2を入れて弱〜中火で具材に火を通す。

  • 7

    揚げおこげを180度に熱したサラダ油できつね色になるまで揚げる。ひとまわりふっくらと膨らめばOKです。

  • 8

    揚げおこげが出来たころに、6に海老を入れ、海老に火が通ったらバジルの葉を入れてレッドカレーの完成。

  • 9

    おこげにレッドカレーをのせていただいて下さい。

レシピID

137291

「にんにく」の基礎

「トマト」の基礎

「玉ねぎ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

カレー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

吉村ルネ
Artist

吉村ルネ

低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

「料理家」という働き方 Artist History