レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

星型フルーツタルトの3段重ね

デザート

星型フルーツタルトの3段重ね
  • 投稿日2016/04/07

  • 調理時間60

ひと手間をかけて作るこのタルトは本格的な味です。 お時間があるときにおすすめです。 娘がお誕生日なので3段重ねにしましたが普通のタルト型で出来ます。

材料8人分

  • 〜タルト生地〜
     
  • 薄力粉
    300g
  • アーモンドプードル
    55g 
  • 無塩バター
    200g
  • 粉糖
    75g
  • L1個
  • バニラエッセンス
    小さじ1
  • 小さじ1
  • 〜アパレイユ〜
     
  • L1個
  • グラニュー糖
    130g
  • 無糖ヨーグルト
    60g
  • 薄力粉
    40g
  • スキムミルク
    250cc
  • 無塩バター
    15g
  • 果物
    お好みのもの適量
  • クレームシャンティ
    適量(=ホイップクリーム)

作り方

ポイント

星型の型は直径20センチ、15センチ、10センチの3種類のクッキー抜きで作りましたが、ない場合は普通のタルト型で出来ます。

  • ・生地用の無塩バターは室温に戻しておく。

  • 1

    〜タルト生地〜 フードプロセッサーに薄力粉、アーモンドプードルを入れて軽く攪拌する。 フードプロセッサーがない場合は合わせてふるう。

  • 2

    バターを大きめのボウルに入れてホイッパーでクリーム状になるまで混ぜ、粉糖を加えて混ぜ合わせる。

  • 3

    卵を溶きほぐしてから、少しずつ2に混ぜながら加え、全体が混ざったら、バニラエッセンスを入れて混ぜる。

  • 4

    1の粉類と塩を加え、ゴムベラで切るように混ぜ合わせて、ひとまとめにする。 表面をならして、ラップをして冷蔵庫で8時間以上寝かせる。

  • 5

    〜アパレイユ〜 卵をボウルに割り入れてほぐし、グラニュー糖を入れてすり混ぜ、無糖ヨーグルトを加え混ぜる。

  • 6

    ふるった薄力粉を入れて、さらに混ぜ合わせる。

  • 7

    鍋ににスキムミルク、無塩バターを入れて火にかけ沸騰直前で火からおろして冷ます。 (保冷剤の上に鍋を置いて冷ますとよい)

  • 8

    7が冷めたら6に入れてよく混ぜ合わせ、ラップをして冷蔵庫で8時間以上休ませる。

  • 9

    〜成形〜 生地を型に合わせて大・中・小の量に切り分ける。 台の上にラップを敷いてそれぞれの生地を3ミリの厚さに伸ばす。 ラップをしたまま麺棒に生地をかけて台から動かし、オイルまたはバター(分量外・適量)を塗ったタルト型にのせる。

  • 10

    生地をのせ広げ、底をしっかり押しつけるようにして敷く。 型の縁に指で生地を押さえつけてしっかり敷く。

  • 11

    麺棒を型の上部に転がしはみ出した生地を切り取る。 もう一度しっかり指で整え、フォークで底全体に穴をあける。 大・中・小それぞれの型にこのようにして生地を敷いてください。

  • 12

    170度の予熱を入れたオーブンで20分ほどきつね色になるまで空焼きにする。

  • 13

    空焼きにした生地に8のアパレイユを流す。 オーブンの温度を150度に下げて45分ほど焼く 。 アパレイユが膨らんだら火が通ったということです。 網にのせ冷ます。

  • 14

    クレームシャンティを小さく絞り出し、お好みの果物(ベリー類がおすすめ)を飾ったら完成。 カスタードクリームをのせても美味しいですがデコレーションには向きません。

レシピID

137971

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

タルト」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

吉村ルネ
Artist

吉村ルネ

低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

「料理家」という働き方 Artist History