レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

かぼちゃのミートラザニア

主食

かぼちゃのミートラザニア
  • 投稿日2018/10/23

  • 調理時間35

ゴロゴロかぼちゃ、牛ひき肉メインに作ったボロネーゼ(ミートソース)をたっぷり使ったラザニアです。 トマト、チーズと相性の良いヤマキさんの割烹白だしで簡単味付け。 お好みのハーブを添えてどうぞ。

材料2人分

  • ヤマキ 割烹白だし
    大さじ4
  • ラザニア
    6枚
  • 牛ひき肉
    200g
  • かぼちゃ
    1/4個(300g)
  • モッツアレラチーズ
    100g
  • バジル
    3〜5g
  • にんにく
    4片分(15g)
  • 白ワイン
    大さじ2
  • オリーブオイル
    大さじ2
  • A
    玉ねぎ
    1個分
  • A
    セロリ
    小1本分(120g)
  • A
    バジル
    5g分
  • B
    トマト缶
    1缶(400g)
  • B
    ドライオレガノ
    小さじ2
  • B
    粗挽き黒こしょう
    小さじ1

作り方

ポイント

《POINT》 ・ボロネーゼ(ミートソース)は気持ち薄めにしいた方がラザニアの食感が楽しめます。多めに作れるレシピなので、余ったら適宜冷凍庫か冷蔵庫で保存していただくと便利です。 ・チーズはリコッタチーズやピザ用チーズなどご自宅にあるもので代用してください。 ・耐熱皿の大きさによってラザニアの量は微調整してください。

  • ラザニアは製品の規定通り茹で、オリーブオイル(分量外:適量)をなじませる。かぼちゃの皮はざっくりむき、種とわたを取り除き、1cm幅の角切りにする。にんにく、A 玉ねぎ1個分、セロリ小1本分(120g)、バジル5g分はすべてみじん切りにする。

    工程写真
  • 1

    温めたフライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを入れ、香りが出るまで弱火で加熱する。牛ひき肉、かぼちゃを加え、肉の色が半分ほど変わるまでほぐし炒めたらA 玉ねぎ1個分、セロリ小1本分(120g)、バジル5g分を加え、中火前後で6〜8分ほど炒める。白ワインを加えて、さらに1分ほど炒める。

    工程写真
  • 2

    割烹白だし、B トマト缶1缶(400g)、ドライオレガノ小さじ2、粗挽き黒こしょう小さじ1を加えて、ひと煮立ちさせる。弱火で4〜6分ほど水分が少なくなるまで煮る。

    工程写真
  • 3

    耐熱皿にオリーブオイル(分量外:少々)を塗り、ミートソース、ラザニアの順番に重ねていき、中央あたりの層と最後の部分に輪切りにしたモッツアレラチーズをのせ、ちぎったバジルをのせる。

    工程写真
  • 4

    オーブントースターで10〜14分ほど表面のチーズが溶けるまで加熱する。お好みで粉チーズ(分量外:適量)をふる。

    工程写真
レシピID

354664

「パスタ」の基礎

「にんにく」の基礎

「トマト」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

高橋 善郎
Artist

高橋 善郎

1988年神奈川県生まれ。 和食料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を史上最年少で合格。 素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。 2015年からは農林水産省・JICAの共催事業にも参画し、国内外で日本食・食文化を発信している。 スポーツをこよなく愛し、2016年6月に行われたトライアスロンの大会では年代別準優勝。「食 × スポーツ」を普及する活動も精力的に行っている。 【著書】 「燃やすおかず つくりおき」(学研) 「魔法のココナッツオイル(e-Mook)」(宝島社) 「イケ麺レシピ103」(エイ出版社) 「BRUNO(ブルーノ)の絶賛ホットプレートごはん」(宝島社) 「ココナッツオイルで健康になる! (TJMOOK) 」(宝島社) 「いつもの小麦が不調の原因!グルテンフリー入門 (TJMOOK) 」(宝島社) 【保有資格】 日本酒学講師 / 唎酒師(ききさけし) / ソムリエ(ANSA) / ビアアドバイザー / おさかなマイスター / ジュニア野菜ソムリエ / ジュニアアスリートフードマイスター / 調理師免許 /食品衛生責任者

ヤマキ様 スポンサーパネルレシピ
「料理家」という働き方 Artist History