Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 切り干し大根と水菜のごま塩ナムル【#水戻し不要 #やみつき】

    切り干し大根と水菜のごま塩ナムル【#水戻し不要 #やみつき】 6分前

    261人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. とろとろ大根のうま塩煮【#作り置き #煮るだけ #やみつき】

    とろとろ大根のうま塩煮【#作り置き #煮るだけ #やみつき】 18分前

    127人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. カリッともちっと美味しい♪ニラキムチーズチヂミ

    カリッともちっと美味しい♪ニラキムチーズチヂミ 31分前

    165人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 子供達が大好きな♡カルボナーラ風♡ブロッコリー炒め♡

    子供達が大好きな♡カルボナーラ風♡ブロッコリー炒め♡ 50分前

    148人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. むね肉de味噌漬けチキン【#作り置き#冷凍保存#マヨ不使用】

    むね肉de味噌漬けチキン【#作り置き#冷凍保存#マヨ不使用】 1時間前

    100人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

ささみと水菜の棒棒鶏風サラダ

15
サラダの
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2017.02.26

分類副菜

調理時間: 15分

ID146713

tomoko

毎日食べたい旬ごはん

手作りのごまだれを、ささみと水菜に和えた棒棒鶏風サラダ。
ごまだれは他のサラダにも活用できます!
ささみの茹で汁は、中華スープなどにも使っても◎

サラダ トマト ドレッシング ヘルシー 鶏ささ身 水菜 鶏肉 中華風サラダ ねりごま

このレシピをブログで紹介する

材料4人分
鶏ささ身 2本
A
500ml
A
大さじ1
A
小さじ1
水菜 100g
ミニトマト 2個
B
生姜(みじん切り) 4g
B
にんにく(みじん切り) 2g
B
豆板醤 少々
B
練りごま 大さじ2
B
味噌 小さじ1/2
B
醤油 大さじ1/2
B
砂糖 小さじ1
B
小さじ1/3
B
米酢 小さじ1
ごま油 大さじ1
黒こしょう 少々
作り方
Point!
ごまだれの量はお好みで調節してください。 たれは食べる直前に合わせると、水菜のシャキシャキ感も残り、美味しく食べれます。
  1. 鶏ささ身は筋を取る。鍋にA

    水 500ml、酒 大さじ1、塩 小さじ1

    を入れて沸騰したらささみを入れ、再度沸騰してきたら火を止めて蓋をして6分おく。
    鍋からささ身を取り出し、粗熱がとれたら食べやすい大きさに割いておく。
  2. 水菜は食べやすい長さに切る。
    ミニトマトは4等分に切る。
  3. ごまだれを作る。
    小さなボウルにB

    生姜(みじん切り) 4g、にんにく(みじん切り) 2g、豆板醤 少々、練りごま 大さじ2、味噌 小さじ1/2、醤油 大さじ1/2、砂糖 小さじ1、塩 小さじ1/3、米酢 小さじ1

    を混ぜ、ごま油を加えてよく混ぜ合わせる。
  4. ボウルにささ身と水菜、ごまたれ(お好みの量)入れてよく和える。
    器に盛り、ミニトマトをのせ、黒こしょうをふる。
11 216
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】スイーツを作って適度に糖を摂る
    スイーツを作って適度に糖を摂る"適糖生活"を実践しよう この特集を読む
  2. PR 【PR】スクエアプレートでモダンな食卓を演出
    スクエアプレートでモダンな食卓を演出 この特集を読む
  3. PR 【PR】寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方
    寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方 この特集を読む
  4. PR 【PR】和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集!
    和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

ヘルシー×遠足 (13) ねりごま×時短 (3) サラダ×麺類 (3) トマト×秋の味覚 (3) ドレッシング×鶏ささ身 (3) 中華風サラダ×鶏胸肉 (3) 水菜×鶏ささ身 (3) 鶏ささ身×鶏肉のおかず (3) 鶏肉×STAUB (3)
もっと見る

「水菜 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents