レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

デパ地下みたいとほめられる。我が家の王道「キャロットラペ」

副菜

デパ地下みたいとほめられる。我が家の王道「キャロットラペ」
  • 投稿日2022/07/29

  • 調理時間15

お気に入りに追加

99

どこに出してもほめられる我が家の定番キャロットラペのレシピです。 アーモンドで香ばしく、プルーンを入れることで自然な甘さをプラスし栄養面も完璧! スタッシャーに入れてシャカシャカ振ることで、にんじんにしっかりと味がのります。 そのまま保存もできて一石二鳥。

材料3人分

  • にんじん
    1本(正味150g)
  • A
    オリーブオイル
    24g(大さじ2)
  • A
    米酢(または白ワインビネガー)
    15g(大さじ1)
  • A
    はちみつ
    7g(小さじ1)
  • A
    フレンチマスタード
    6g(小さじ1)
  • A
    少々
  • A
    クミンシード
    約1g(小さじ1/2)
  • カリフォルニア プルーン
    2~3個(種抜き)
  • カリフォルニア産アーモンド
    30g
  • オレンジ
    1個

作り方

ポイント

▶調味料は必ず、オイル、お酢、はちみつ…の順に加えてください。はちみつをはじめに入れると、スタッシャ―について味がなじみにくくなります。 ▶工程2でよく振ることでドレッシングが乳化し、にんじんにしっかりと味がのります。 ▶塩もみの塩が残っているため、工程2で混ぜ合わせてから一度味見をし、塩を加減してください。 ▶実が崩れるため、オレンジの果肉とプルーンは調味料をなじませた後に加えています。 ▶フレンチマスタードは少量なのでそこまで辛くありませんが、お子様が召し上がる場合は量を加減してください。 ▶stasher(スタッシャー)は、アメリカで開発されたプラスチックフリーの食品用保存容器です。 洗えば繰り返し使用でき、調理器具としても使用いただけます。 #アメリカ大使館農産物貿易事務局タイアップ

  • ▶にんじんは皮をむき、マッチ棒よりやや細い千切りにする。スライサーを使うと均一に千切りができるので味なじみがよく、作業時間も短縮できます。 ▶カリフォルニア プルーンは5mm角、カリフォルニア産アーモンドは1粒を3等分程度に刻む。 ▶オレンジは果肉に沿って皮をむき、薄皮の筋にそって片側に切り込みを入れ、刃先を使い、果肉を取り出す。薄皮に残った果肉はしぼり、果汁は取っておく。

  • 1

    にんじんに塩少々(分量外)を振ってなじませ、10分程度置く。キッチンペーパーに包んでしっかりと水分を絞る。

  • 2

    スタッシャーにA オリーブオイル24g、米酢(または白ワインビネガー)15g、はちみつ7g、フレンチマスタード6g、塩少々、クミンシード約1gを上から順に入れ、オレンジの果汁大さじ1、にんじんを入れてしっかりと封を閉じる。シャカシャカと20回ほど振って全体をなじませる。 ▶よく振ることでドレッシングが乳化し、にんじんにしっかりと味がのります。

  • 3

    カリフォルニア プルーン、カリフォルニア産アーモンド、オレンジの果肉を加えて軽く混ぜ、器に盛り付ける。

レシピID

441317

「にんじん」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

キャロットラペ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

むっちん(横田睦美)
Artist

むっちん(横田睦美)

製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

「料理家」という働き方 Artist History