豚バラとらっきょうの甘酢ネギ塩の旨タレ焼き

20

2021.04.30

分類主菜

調理時間: 20分

ID 411176

mayumillion

心豊かになる幸せレシピ

甘酢のお酢の効果で豚バラ肉が柔らかくなり、さっぱりいただけます!
らっきょう風味の甘酢は加えるだけでコクが出ます。
他の調味料はごま油と塩のみ!
らっきょうと甘酢は残ってしまうことが多いのでは?
そんな時はこのレシピが大活躍!
白ごはんにもよく合います!
お酒にも合うので、焼酎のロックをキュッと飲みたくなるレシピです。
写真の焼酎のロックが入っている素敵なグラスは
東洋佐々木ガラスさんの「強化クリスタル 高瀬川」300ml。
手作り特有の自然な凹凸模様の柔らかな光がとても素敵なグラスです。
枝豆を盛り付けた小さいガラスの器は、「角豆鉢」です。

材料2人分
らっきょうの甘酢漬けのらっきょう 100g程度(市販のものでも可)
A
らっきょうの甘酢漬けの甘酢 大さじ3
A
ごま油 大さじ2
A
小さじ1
長ねぎの白い部分 1/2本(約40g)
豚バラ肉(焼肉用) 200~250g(豚バラ薄切り肉で代用可)
ごま油 小さじ1
七味唐辛子 適量(お好みで)
青ねぎ 適量(お好みで)
作り方
Point!
【工程1】豚バラ肉とらっきょうを別々に漬ける理由は、生の豚肉と一緒にらっきょうを漬けると、らっきょうもしっかり火を通す必要が出てくるからです。らっきょうは食感を残すため、さっと焼くほうがおいしく仕上がるので別々に漬けています。
【工程2】完全に豚バラ肉に火を通してください。

#東洋佐々木ガラスタイアップ
  1. ・市販のらっきょうの甘酢漬けを使う場合は、らっきょうと甘酢を分けておく。
    ・甘酢ネギ塩タレを作る。A

    らっきょうの甘酢漬けの甘酢 大さじ3、ごま油 大さじ2、塩 小さじ1

    をボウルに入れて混ぜ合わせる。長ねぎの白い部分を粗みじん切りにして加え、混ぜておく。
    ・豚バラ薄切り肉を使う場合は、6cm長さ程度に切りそろえておく。
  2. ボウルに豚バラ肉(焼肉用)を入れ、甘酢ネギ塩タレの3/4量を加えてよく揉み込む。ラップを密着させるようにかぶせて5分置く。
    別のボウルに、らっきょうの甘酢漬けのらっきょうと残りのタレを加え、混ぜ合わせる。ラップを密着させるようにかぶせて5分置く。
  3. ごま油をフライパンに薄く伸ばし、中火で加熱する。豚肉を重ならないように並べ、ボウルに残ったタレも入れる。両面に焼き色がつくまで焼く。
  4. 豚肉にしっかり火が通ったら、フライパンの端に寄せる。空いた部分にらっきょうをタレごと入れ、両面をさっと焼く。
  5. 器に盛り付け、お好みで七味唐辛子を振り、刻んだ青ねぎを飾る。
5 31
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

アプリでお気に入りを保存しよう!

アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

Nadia公式アプリをダウンロード

このレシピをサイトに埋め込む

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは