レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

出汁が決め手!おもてなしにも◎小田巻き蒸し

副菜

出汁が決め手!おもてなしにも◎小田巻き蒸し
  • 投稿日2020/12/23

  • 調理時間30

小田巻き蒸しとは「うどん入り茶碗蒸し」のことで、大阪の郷土料理です。 渦を巻くうどんが苧環(読み:おだまき、意味=紡いだ麻糸を玉にしたもの)に似ていたことからそう名付けられました。 戦前はお正月やお祝いなどハレの日に作られていたようです。 海老の赤、卵の黄、みつ葉の緑が色とりどりで華やか! おもてなしにもぴったりです。 こちらのレシピでは、海老と干し椎茸、白だしを合わせたうま味たっぷりのお出汁を使って上品なお味に仕上げました。 コシのあるうどんとよく合う、風味豊かな茶碗蒸しをお楽しみください♪ #日本冷凍めん協会タイアップ

材料4人分

  • 冷凍うどん
    1玉
  • えび
    4尾
  • 干ししいたけ
    1個
  • 鶏もも肉(親子丼用)
    80g
  • 酒、しょうゆ
    各小さじ1/2
  • かまぼこ(薄切り)
    4切れ
  • あなご
    40g(焼きあなご、または煮あなごなど加熱済みのもの。)
  • ぎんなん(水煮)
    4個
  • みつば
    4本
  • A
    200ml
  • A
    白だし
    大さじ2
  • B
    干ししいたけの戻し汁
    100ml
  • B
    えびの煮汁
    100ml
  • B
    白だし
    大さじ3
  • B
    50ml
  • B
    溶き卵
    2個分
  • C
    500ml
  • C
    小さじ2

作り方

ポイント

・具材や出汁は全て常温に冷ましてから混ぜ合わせます。 ・火力が強いと”す”がたってしまうので、 1、蒸し器(または鍋)に水を入れてふたをし、沸騰させて一度火を止める。 2、(蒸気に注意して)ふたをはずして器を入れ、ふたをして強火にかける。(1~2分) 3、表面の色がうっすらと変わったら弱火におとし、ふたをずらして約10分加熱する。 鍋の大きさや器の厚さなどにより加熱時間は異なります。様子をみながら、足りなければ弱火で加熱する時間を追加します。

  • ・干ししいたけを水(150ml)で戻す(できれば、ひと晩)。

  • 1

    えびの背ワタを殻付きのまま竹串などで取り、C 水500ml、塩小さじ2で汚れを洗い落としたあと真水で洗って水気をとる。 鍋にA 水200ml、白だし大さじ2を沸かし、えびを入れて2分加熱し火を止める。粗熱がとれるまでそのまま置いて殻を剥く。 煮汁(100ml)を取り置く。(気になる場合はアクをとる。)

  • 2

    冷凍うどんをパッケージの指示通りに電子レンジで加熱(参考・600W:3分20秒)し、冷ます。 鶏もも肉(親子丼用)に酒、しょうゆをもみこむ。

  • 3

    干ししいたけは水気を絞り、石づきをとって薄切りにする。 戻し汁(100ml)を取り置く。 あなごは4等分、みつばは長さ6等分に切る。

  • 4

    入れ忘れを防ぐため材料を集合させる。 えびの煮汁が冷めたらB 干ししいたけの戻し汁100ml、えびの煮汁100ml、白だし大さじ3、水50ml、溶き卵2個分を混ぜ合わせ、時間があれば茶こしや目の細かいざるなどでこす。

    工程写真
  • 5

    耐熱性の小鉢(写真はMAXで600ml容量の器です、もう少し小さくてもOK。)にうどんを分ける。

    工程写真
  • 6

    その上に、鶏肉、干ししいたけ、えび、かまぼこ(薄切り)、あなご、ぎんなん(水煮)をバランス良く盛り付け、Bを注ぎ入れてみつばを飾る。(鍋の大きさによって一度に加熱できない場合はラップをかけて待機する。)

    工程写真
  • 7

    蒸し器(あるいは鍋)に水を入れ(鍋の場合は小鉢の1/3ほどの高さまで)沸騰させて火を止める。 器を入れ、ふたをして強火で1~2分加熱し、表面の色が少し変わったら弱火にしてふたをずらして約10分~様子を見ながら加熱する。 竹串をさして卵液が出ず、透明な汁であればOK。

レシピID

401831

「えび」の基礎

「出汁」の基礎

「干し椎茸」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

茶碗蒸し」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

佐藤 加奈子(kaana57)
Artist

佐藤 加奈子(kaana57)

受験勉強に励む息子の『塾弁』作りのため、栄養のある簡単レシピを考案・記録したのがレシピ公開を始めたきっかけ。 下ごしらえの手間を極力省き、身近な食材で簡単にできるヘルシーな家庭料理を目指しています。 現在は週6ペースでお弁当作りに励む日々。 和食の基本スタイル”一汁三菜”を「1たま(卵焼き)3菜(主菜:1品、副菜:2品)」に置き換えて、献立を考えています。 お弁当に活用しやすく、素材の味をいかした薄味で栄養たっぷりのおうちごはんが発信の中心です。 皆さまの食に関するご要望・お悩みに、私のレシピが少しでも寄り添うことが出来れば嬉しいです♪ 簡単でも心のこもった一品を☆ 心も身体も喜ばれますように... ◎資格◎ ・ヘルスフードカウンセラー1級 ・料理&ブレッドライセンス ・フードスタイリストBTC資格

「料理家」という働き方 Artist History