レシピサイトNadia
    主菜

    PR:ヤマキ株式会社

    【簡単】豚しゃぶの大根みぞれ鍋

    • 投稿日2024/03/24

    • 更新日2024/03/27

    • 調理時間30

    ☆日本料理のみぞれ出汁が大好きですが、大根おろし器で作るのが大変なので、簡単に作れないか?と思い、ハンディブレンダーで作ることを考えました。 大根を出汁で煮てから撹拌すると簡単にみぞれスープが作れます。 このお鍋は、家族に大好評でした!!

    材料4人分

    • 豚肉スライス
      800g
    • 水菜
      1束
    • 春菊
      1束
    • 長ネギ
      1本
    • 絹豆腐
      1/2丁
    • ラーメン用麺
      1人分
    • A
      大根
      1/2本
    • A
      鰹節屋の割烹だしパック
      2袋
    • A
      600ml
    • B
      醤油
      大さじ1
    • B
      小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    ☆ポイント☆ *みぞれスープに生の豚肉をしゃぶしゃぶすると灰汁が出ますので、豚肉は、事前に別鍋で下茹でしてから鍋に加えてください。 *大根は分量(1/2本)以上使ってもおいしいです。

    • ・鍋2個にたっぷりの湯(分量外)を沸かす。 ・野菜をあらう。 ・大根の皮をむき、いちょう切りにする。 ・水菜と春菊を5cm幅に切る。 ・長ネギの軸を切り除き、5cm長さ分をラーメン用に小口切りにする。あとは鍋用に斜め1cm幅に切る。

    • 1

      鍋にA 大根1/2本、鰹節屋の割烹だしパック2袋、水600mlを入れて強火にかける。大根が柔らかくなったら、だしパックを取り出し、B 醤油大さじ1、塩小さじ1/2を入れて調味する。ハンディブレンダーで撹拌し、みぞれスープを作る。

      工程写真
    • 2

      たっぷりの湯(分量外)が沸いた鍋で、豚肉スライスを下茹でする。ザルにあげて水分を切る。

    • 3

      ①の鍋に、水菜、春菊、長ネギ、②の豚肉、絹豆腐を入れて火にかけ、野菜に火を通す。みぞれ鍋のできあがり。

      工程写真
    • 4

      お鍋が食べ終わったら、〆のラーメンを作る。 たっぷりの湯(分量外)が沸いた鍋で、ラーメン用麺を茹でる。ザルにあげて水で洗い締める。 鍋に残ったみぞれスープを沸かして、ラーメンを入れて温めて、できあがり。

      工程写真
    レシピID

    479270

    質問

    作ってみた!

    こんな「鍋料理」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「豚肉」の基礎

    「大根」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    こだまゆきこ
    • Artist

    こだまゆきこ

    料理研究家/調理師/おもてなし料理教室主宰

    • 調理師
    • 食品衛生責任者
    • 野菜ソムリエ
    • コムラード・オブ・チーズ
    • 食生活アドバイザー
    • 唎酒師

    料理研究家/ 【Salon d'igrekサロン・ディグレックおもてなし料理教室】主宰 フレンチと日本料理の調理技法を取り入れて いつもの食卓をランクアップ!!する レストランクオリティーのおもてなし料理をお家で簡単に作るコツや盛り付けをお伝えしてます ご家族やご友人等、召し上がった方の心をほっこり温めるレシピ作りも心がけております こちらでは、 ☆家族の健康と心がホッと温まるようなふだん着のおうちごはんレシピ ☆お酒にあうレシピ ☆おもてなし料理レシピ ☆『みんなの胃袋をつかむ!』お料理を ご紹介してます!! よろしくお願いします!! 【自己紹介】 東京老舗日本料理店の家庭に育ち、幼少の頃から祖父母・両親より料理とおもてなしの基礎を学ぶ 大学仏文科在学中にフランス短期留学 この時、フランスの食文化にあらためて興味を深めるとともに、あたりまえに食べていた和食の大切さや素晴らしさにも気づかされました 卒業後イタリア料理店2年間修業 東京老舗日本料理店本部付管理職6年間従事 病院給食事業に12年間携わる 在職中にル・コルドン・ブルー東京校フランス料理上級卒業 駐日フランス大使館公邸キッチンにて調理経験 2010年よりフレンチと日本料理を中心としたおもてなし料理教室『Salon d'igrek(サロンディグレック)』行っております その他、茶懐石講師、ケータリング、出張料理、講習会講師、企業様レシピ開発、雑誌レシピ掲載、コラム執筆など

    「料理家」という働き方 Artist History