レシピサイトNadia

    おばあちゃんのきゅうり漬け

    副菜

    おばあちゃんのきゅうり漬け

    お気に入り

    2116

    • 投稿日2017/03/29

    • 更新日2017/03/29

    • 調理時間5(漬け込み時間を除く)

    祖母がよく作ってくれた、きゅうりの味噌漬け。甘じょっぱい味付けとみずみずしいきゅうりのポリポリした歯ざわりがたまらなくおいしいお漬けものです。お茶請けにもお弁当にも◎ お子様から年配の方まで皆さんに喜ばれる味。

    材料きゅうり3本分

    • きゅうり
      3本
    • A
      味噌
      大さじ3
    • A
      みりん
      大さじ1.5
    • A
      きび糖
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    ◆きゅうり1本につき、「味噌:大さじ1、みりん:大さじ1/2、きび糖:小さじ1」の分量で漬けられます。 ◆あまり長く漬けすぎると今度はきゅうりの味が抜けていってしまうので、3日以上置く場合は味噌をぬぐってくださいね。

    • 1

      きゅうりは洗って水けを拭く。ヘタを取り、半分長さに切る。

      工程写真
    • 2

      食品保存用ビニール袋にきゅうりと A 味噌大さじ3、みりん大さじ1.5、きび糖大さじ1 を入れてよくなじませ、袋の空気を抜いて冷蔵庫で一晩以上置く。

      工程写真
    • 3

      味噌をぬぐうかさっと洗い流し、 (水けをしっかり拭いて)食べやすく切っていただきます。

      工程写真
    レシピID

    149075

    「きゅうり」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    庭乃桃
    Artist

    庭乃桃

    料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 企業向けレシピの開発、スタイリング・撮影、 食関連の書籍・コラムの執筆、翻訳、 セミナーイベントへの登壇、講演など 幅広く活動しています。 ●旬の食材、季節感を大切にしたおかず ●ひと鍋で作れる欧風家庭料理 ●簡単エスニック 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専門にし、 現地に在住。日本食が食べたくて 食材や調味料にあれこれ工夫した経験や、 ヨーロッパの家庭料理・郷土料理を学ぶことで 触れた各国の食文化と食への取り組みなど、 レシピにも活かしていけたらと思っています。 2020年、欧州連合(EU)の 食品・飲料プロモーション 「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、 EU食材×日本食材のマッチングによる 季節のオリジナルレシピを開発・監修。

    「料理家」という働き方 Artist History