レシピサイトNadia

    スタミナレバー丼☆元気モリ盛り♪カラフル野菜で夏バテ予防

    主食

    スタミナレバー丼☆元気モリ盛り♪カラフル野菜で夏バテ予防

    お気に入り

    45

    • 投稿日2019/05/31

    • 調理時間10

    夏バテ防止に最強丼です!! レバーの鉄分に、 パプリカのビタミンⅭ、 アスパラのアスパラギン酸、 たまねぎとにんにくのアリシン、 卵黄の必須アミノ酸 玄米やもち麦ご飯などで合わせて、 食物繊維もしっかりと摂れるのでおすすめです!

    材料2人分

    • 鶏レバー
      160g
    • 玉ねぎ
      1/2個
    • パプリカ(赤)
      1/2個
    • ピーマン
      1個
    • アスパラ
      2本
    • コーン
      1/3カップ
    • 片栗粉
      大さじ1
    • ごま油
      大さじ1
    • にんにく
      1片
    • A
      焼き肉のたれ、赤ワイン、味醂、水
      各大さじ2
    • 卵の黄身
      2個

    作り方

    ポイント

    焼き肉のたれの味によって出来上がりの味が変わりますが、お好みで醤油を足したり、コチュジャンを足したりして調整してください。

    • ・鶏レバーは余分や脂や筋を取り除き牛乳に浸して15分以上パプリカ(赤)血抜きする。 ・玉ねぎはくし切りにしてバラしておく。 ・パプリカ(赤)とピーマンはヘタと種を取り除き食べやすい大きさに切る。 ・アスパラは下部の硬い皮を削ぎ、斜め細切りにする。

      工程写真
    • 1

      鶏レバーを食べやすい大きさにカットして水気をキッチンペーパーで拭いてから、片栗粉を混ぜる。

      工程写真
    • 2

      フライパンにサラダ油大さじ一とにんにくを弱火で熱し、香りが立ったら、玉ねぎ、パプリカ(赤)ピーマン、アスパラ、コーンを加えて塩をふり、強めの中火で熱し蓋をして蒸し炒めで1分ほど熱し全体に油が回って透き通ったらお皿にとる。

      工程写真
    • 3

      フライパンにごま油を足し弱めの中火で熱し、鶏レバーを並べて焼き付ける。

      工程写真
    • 4

      焦げ目が付いて、身が締まってきたら野菜、調味料A 焼き肉のたれ、赤ワイン、味醂、水各大さじ2を加えて全体に絡めてお皿にとる。

      工程写真
    • 5

      そのまま食べてももちろんおかずとして美味しいですが、丼にご飯の上に乗っけて卵の黄身も一緒に合わせて、さらにスタミナアップでどうぞ!

      工程写真
    レシピID

    376205

    このレシピが入っているArtist献立

    「にんにく」の基礎

    「玉ねぎ」の基礎

    「油」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    ふじたかな
    Artist

    ふじたかな

    料理家/料理ブロガー/調理師 ・家庭料理技能検定準一級 ・コムラード オブ チーズ ・ナチュラルビューティースタイリスト 美味しい!にこだわった作りやすいレシピを発信中 旬の食材を使ってひとひねり、アイデアを利かせたアレンジレシピを提案させていただいてます。 自身のブログ“ふじたかな のいつも美味しい!もの探し” では食材の栄養についてのコラムなども解説しています。 https://www.fujikana.com/ 《料理の得意分野》 海外留学の経験を生かしたワールドワイドなアレンジと ファッションデザイン学から学んだスタイリングフォト、 小料理屋を営む母から培った基本の和食も得意。 【クックパッドでの活動】  クックパッド主催の新作レシピコンテスト 2016「手作りスイーツ」受賞 2017「グッドペアリング賞」受賞  クックパッドニュースにレシピ掲載  クックパッドマガジンにレシピ掲載  クックパッド作者懇親会に参加 【レシピブログ】 数々のモニターでレシピを考案させて頂いています。 (ハウス食品のスパイスモニター、サントリーモルツ、理研食品、デルソーレ、ブルドックソース、他)  くらしのアンテナ サイト でのレシピ掲載 【Snapdish】 数々のモニターでレシピを考案、スナップ投稿させて頂いています。 (キユーピー、ヤマサ、UCC、他)  「紅茶の時間フォトコンテスト」で「UCC上島珈琲賞」を受賞 【"今日もワイン部"】 キュレーターをさせて頂いています。

    「料理家」という働き方 Artist History