牡蠣の蕪(かぶら)蒸し

20

2020.01.22

分類主菜

調理時間: 20分

ID 385162

川端寿美香

野菜と魚で「美と健康は食卓から」をはじめましょう♪

この時期の牡蠣は身がふっくらとして美味しいです。殻付きの牡蠣でも、チューブ入りの牡蠣でも。海のミルクといわれる牡蠣。栄養豊富なので、ぜひご賞味ください。

    材料

    4人分
    牡蠣 8個~12個
    2個(葉がついているもの)
    少々
    昆布 4枚(5㎝×10㎝くらい)
    大さじ4
    だし 250ml
    A
    醬油 大さじ2
    A
    みりん 大さじ2
    A
    少々
    水溶き片栗粉 大さじ1程度

    作り方

    ポイント

    葉つきの蕪がなければ、他の青菜でもいいです。大根の上部を使っても(少し水気をしぼってください)美味しいです。
    蒸し器がなくても、フライパンや鍋に器の半分浸かり、蓋ができればいいです。
    お好みで、柚子の皮や針生姜をのせると、さらに美味しいです。
    1. 牡蠣は洗って、水気を拭き塩をふる。
      蕪の茎と葉を3㎝に切り茹でる。
      蕪(葉つき)は皮のまますりおろす。
    2. 器に昆布をしき、牡蠣をのせ、酒をふりかけ、すりおろした蕪の半量をかけ、アルミホイルでかぶせて、中火で15分蒸す。
    3. だしに残りのすりおろした蕪を加え、火にかけ、A

      醬油 大さじ2、みりん 大さじ2、塩 少々

      で味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
    4. ①に蕪の茎と葉を添え、②のあんをかける。
    3 26

    コメント・感想 Comment

    くつろぎの食卓 さん
    2020.02.14 22:51

    今日はご一緒させて頂き、ありがとうございました。蕪蒸し大好き。牡蠣は作ったことがないのでやってみます。

    川端寿美香
    川端寿美香 さん
    2020.02.15 10:10:44

    こちらこそ♪ありがとうございました。円盤に入ってる兵庫の牡蠣を、是非ご賞味くださいませ。プリプリです!

    感想をもっと見る(ログイン)

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「魚介のおかず 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。