レシピサイトNadia
    主食

    【たれしみしみ】キャベツがよく合う☆濃厚自慢のごま味噌カツ丼

    • 投稿日2022/03/29

    • 更新日2022/03/29

    • 調理時間15

    濃厚なごま味噌だれが最高に美味しい、我が家自慢のカツ丼です。 お肉はちょっとした下処理でとっても柔らかに仕上がります。 濃厚な味ときゃべつの千切りがよく合うので、ぜひ試してみください。

    材料2人分たれは作りやすい量

    • 豚ロース肉(とんかつ用)
      2枚
    • キャベツ(千切り)
      軽く2つかみ
    • 温かいご飯
      丼2杯分
    • 塩、こしょう
      各少々
    • 青ねぎの小口切り
      適量
    • 薄力粉、溶き卵、パン粉
      各適量
    • サラダ油
      適量
    • A
      みそ、中濃ソース
      各大さじ2
    • A
      大さじ1
    • A
      砂糖
      大さじ2 と2/3
    • A
      白いりごま
      大さじ1と1/3
    • A
      こしょう
      4ふり

    作り方

    ポイント

    肉の筋切りがポイントになります。 わかりやすいよう写真を添えたので参考にしてください。 今回豚肉は1.5cm程の厚みの物を使用しました。 分厚い物を使用する場合は様子をみて揚げ時間を調整してください。 ピリッと辛味がお好きな方は、仕上げに黒こしょうをかけても大人味で美味しいです。 フライパンは26cmの物を使用しました。

    • A みそ、中濃ソース各大さじ2、水大さじ1、砂糖大さじ2 と2/3、白いりごま大さじ1と1/3、こしょう4ふりの調味料をみそをとくよう混ぜ合わせる。 豚ロース肉(とんかつ用)の白い脂身と赤身の間を 包丁の先で両面6〜7カ所刺し筋を切る。 包丁の裏で両面叩き伸ばし、塩、こしょうをふる。

      工程写真
    • 1

      豚肉に薄力粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつける。

      工程写真
    • 2

      フライパンにサラダ油を深さ1.5cm程入れ、180℃に熱する。 1を入れ上下返ながら5分を目安にこんがりと揚げる。 網に上げ油をきる。

      工程写真
    • 3

      温かいご飯を器に盛り、キャベツ(千切り)をしく。 食べやすい大きさに切った2を乗せ、Aのたれをお好みの量かけ青ねぎの小口切りをちらす。

      工程写真
    レシピID

    434518

    質問

    作ってみた!

    • Reika( "´༥`"  )ŧ‹”ŧ‹”
      Reika( "´༥`" )ŧ‹”ŧ‹”

      2024/02/08 18:07

      立派な春キャベツが手に入ったので美味しい味噌カツを食べたくなって、こちらのレシピで作らせて頂きました。 柔らかいお肉と味噌ダレがめちゃくちゃ美味しかったです! 味噌ダレは赤1:合わせ2で作りました☺️ 美味しいレシピをありがとうございます✨ リピメニュー確定です!!

    こんな「カツ丼」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「豚肉」の基礎

    「味噌」の基礎

    「キャベツ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    今日のおうちごはん!
    • Artist

    今日のおうちごはん!

    料理家

    「時間がない・お金がない・スキルがない」そんな悩みを解決するかんたん時短のお助けレシピを投稿しています🍳(かんたんでもがっつりおいしい♡優勝レシピです🥇) 面倒に思う日々のごはん作りが少しでも、「楽に」「おいしく」なって 料理を少しでも好きになってくれたら嬉しいです。 ぜひレシピを参考に、家族の胃袋を喜ばせてあげてください! どうぞよろしくお願いします😊 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 📝プロフィール📝 今日のおうちごはん! 生まれも育ちも埼玉県の料理研究家 SNSでのレシピ発信をきっかけに料理家に転身。 食品メーカー等のレシピ開発や商品のPR活動、写真や動画提供など幅広く活動中。 インスタグラムではかんたん時短で作るガッツリレシピが人気でフォロワー数も18万人を突破している。(たくさんの出逢いに感謝です😭) 「著書」 ・がっつりやみつき!今日のおうちごはん!(宝島社) ・白米泥棒!がっつり今日のおうちごはん!(宝島社) ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「料理家」という働き方 Artist History