レシピサイトNadia

    【ほうれん草とベーコンのキッシュ】春巻きの皮で♪作り置にも♪

    副菜

    【ほうれん草とベーコンのキッシュ】春巻きの皮で♪作り置にも♪

    お気に入り

    2906

    • 投稿日2021/07/11

    • 更新日2021/07/11

    • 調理時間50

    春巻きの皮を使って本格的な キュシュが簡単にできちゃいます♪ キュシュの生地作りは大変。 バターもたっぷりで カロリーも気になりますよね。 春巻きの皮を重ねて敷くので 生地の厚みが出て食べ応えもバッチリ♪   手軽にたくさんのお野菜が、香ばしいチーズと一緒に美味しく食べられますよ(*^^*) 冷蔵庫にある残り野菜をどんどん入れてしまってOK🙆‍♀♪ 作り置きにも重宝しますよ♪ 彩りも良いのでお弁当もより華やかに◎

    材料4人分20cm×15cmのオーブン容器

    • 春巻きの皮
      10枚
    • ベーコン
      80g
    • ほうれん草
      100g
    • トマト
      1/2個
    • 玉ねぎ
      1/4個
    • しめじ
      40g
    • A
      2個
    • A
      牛乳
      100ml
    • A
      粉チーズ
      大さじ2
    • A
      塩、こしょう
      小さじ1/3
    • A
      パセリ(みじん切り)
      1本
    • シュレッドチーズ
      60g

    作り方

    ポイント

    ■牛乳は豆乳でもできますよ♪ ■今回春巻の皮はミニサイズを使用しました。 通常サイズでももちろんOKです。 底に厚みが出るよう、底の部分が4〜5枚重なる程度に調整して敷いてくださいね。 ■具材はお好きなもので大丈夫です。 イタリアでは(torta salata=しょっぱいタルト)と呼ばれるキッシュ。 冷蔵庫の残り物食材の消費に作られます(*^^*)

    • 1

      耐熱容器に薄くバターを塗り、春巻きの皮を敷いていく。 2枚一組にして、底と側面か隠れるように耐熱容器の4面を敷く。 隠れきれなかった部分は、残った2枚を使って敷く。 ※詳しくは画像を参照してください。 容器の大きさにに合わせて、生地の敷き方は調整してください。  

      工程写真
    • 2

      ベーコン、トマト、しめじは1センチの角切りにする。 ほうれん草はざく切り。 玉ねぎはみじん切りにする。

      工程写真
    • 3

      フライパンに油大さじ1/2程度を中火で熱して、1の具材を炒める。 野菜がしんなりしたら、塩小さじ1/3をして、火を止めて粗熱をとる。

      工程写真
    • 4

      ボウルに卵液A 卵2個、牛乳100ml、粉チーズ大さじ2、塩、こしょう小さじ1/3、パセリ(みじん切り)1本を入れて全体を混ぜ合わせる。 そこに、粗熱が取れた工程2の具材を加える。

      工程写真
    • 5

      春巻きの皮を敷いた耐熱容器に、具材を加えた卵液を注ぐ。 表面が平になるように表面をならし、シュレッドチーズをたっぷりかける。

      工程写真
    • 6

      210度に余熱しておいたオーブンを200度に下げて、キュシュを天板に乗せて40分焼く。 美味しそうな焼き色がつき、中まで火が通って固まっていればOK。

    レシピID

    416958

    「タルト」の基礎

    「オーブン」の基礎

    「きのこ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    カリニ彩
    Artist

    カリニ彩

    プロフィールご覧いただき ありがとうございます♡ 幼少期からイタリア、イギリス、ブラジルに住んできました。昔から食べることが大好きで、海外で出会ったお料理を家庭料理にアレンジするのが趣味かつ楽しみになっていました。 現在はイタリア人の夫と、小さな子ども達4人と日本で暮らしています⭐︎ 子どもがまだ小さいので、色々な食材を健康的に食べてもらえたら…と、考えながらお料理しています。 毎日お料理するのは本当に大変。 でも、美味しい!と言って自分が作ったものを食べてもらえると、嬉しいしやる気も出ますよね。 料理を作ることが、少しでも楽しみに変わるようなお料理をご紹介できたらと思っています。   ■プロフィール 小学生を数年間イタリア・ミラノで過ごし、イタリアという国や文化に魅了されました。 イタリア語・文化をしっかり学ぶたい!という小さい頃からの思いが消えず、大学在学中にイタリア・ボローニャ大学に交換留学。 現地で食べた数々の本場のイタリアンに感激… そこで出会ったイタリア料理を自宅で再現したり、食べ歩いたり。。。 留学中はイタリア料理にどっぷりハマりました。 大学卒業後はSEとしてイギリス、ブラジルのプロジェクトに参加。イギリス、ブラジルは色々なオリジナリティーの人々が集まる国だったのでお料理も多国籍! 食材の使い方など、とても勉強になりました。 その後イタリア人の夫と結婚し、イギリスに数年暮らし、第一子も英国で出産。 夫のマンマの本場イタリアンはやっぱりとっても美味しい…! ■Instagram ⇒⇒⇒felicehippo

    「料理家」という働き方 Artist History