レシピサイトNadia
    主菜

    ほったらかしで絶品完成‼︎しっとり大絶賛される『よだれ鶏』

    • 投稿日2022/11/06

    • 更新日2022/11/06

    • 調理時間5(ほったらかし時間は除く)

    長年我が家で作り続けている定番メニュー♡ ゲストに必ず大絶賛され作り方を聞かれるメニューをついに投稿しちゃいます🫶 胸肉がこんなにしっとりに仕上がるなんて!! と驚かれますよ♪♪

    材料4人分

    • 鶏胸肉
      2枚
    • 小さじ2
    • A
      長ネギ
      1/2本(みじん切り)
    • A
      醤油
      大さじ3
    • A
      大さじ2
    • A
      砂糖
      大さじ1
    • A
      胡麻油
      大さじ1
    • A
      胡麻
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    鶏胸肉は必ず常温にもどすことと、水は胸肉がかぶる程度入れてください。 胸肉を茹でた後はスープとして、人参や白菜、卵などを入れて胡麻油、中華顆粒少々、胡麻を入れて 美味しく頂けますよ♡

    • 鶏胸肉の皮と余分な脂は取り除き常温にもどす。

    • 1

      鶏胸肉二枚が入る鍋に鶏胸肉がきっちりかぶる程度の水を入れ沸騰させる。 (まだ鶏胸肉は入れないでください)

    • 2

      沸騰したら塩と鶏胸肉をきっちり鍋に入れて10秒カウントする。 火を消し、冷めるまでほったらかしたら完成です。

      工程写真
    • 3

      食べやすい大きさに切り、混ぜ合わせたA 長ネギ1/2本、醤油大さじ3、酢大さじ2、砂糖大さじ1、胡麻油大さじ1、胡麻大さじ1をかける。

    レシピID

    448088

    質問

    作ってみた!

    • SHUN
      SHUN

      2023/08/27 20:29

      真似して作ってみたよ〜 余計な熱を加えていないので ぷにっぷにな【よだれ鶏】になりました 自分は辣油とわさびで味変を楽しみました。ダイエット中でもタンパク質を補給できる1品です🙌🏻
    • 807889
      807889

      2023/02/18 14:25

      むね肉が嫌いだった父がリクエストしてくれます。本当にパサつき感がなくて、美味しいです。常備されているとのことですが、保存方法を教えていただけますか?
    • ぴぃ
      ぴぃ

      2022/11/10 03:16

      鶏むねがぷりっぷりです❤︎胡麻ネギタレもむね肉との相性が抜群に良くてとっても美味しい❣️これはまたすぐ食べたくなる味です🥰素敵なレシピありがとうございます❤︎ご馳走様でした💓
    • りま
      りま

      2022/11/06 22:08

      家族にも好評でとっても柔らかくジューシーでタレも美味しかったです♪また絶対に作りたい一品です!

    こんな「よだれ鶏」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「鶏むね肉」の基礎

    「ネギ」の基礎

    「鶏肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    sako
    • Artist

    sako

    栄養士・料理家

    • 栄養士

    大阪府在住。 栄養士。 毎日のお料理やお菓子作り、フードスタイリング、テーブルコーディネートを楽しみながら レシピ開発などお料理関係のお仕事をしている 二児の母。 家族が笑顔になる栄養満点の晩御飯をInstagramに投稿していますが、Nadiaでは美味しいレシピを⭐︎ Nadiaレシピ本 『なつかし洋食 あかぬけ和食 一生好きな町中華』 フルーツサンドレシピ掲載して頂きました◎ 『Nadia magazine vol 07』 ポテサラ掲載して頂きました◎ 『Nadia magazine vol 08』 ワンプレート献立レシピなど 6品掲載して頂きました◎ 『Nadia magazine vol 10』 さつまいもときのこの炊き込みごはん 厚揚げとろーりチーズ  掲載して頂きました◎ 『Nadia magazine vol 11』 キャベツと卵のひき肉炒め ほっろほろスペアリブ 掲載して頂きました◎ フジッコ蒸し豆レシピコンテスト 準グランプリ◎ 献立コンテスト グランプリ◎ Instagramフォロワー5.8万人 @sakosako352

    「料理家」という働き方 Artist History