【STAUB】バター香るふっくらカキとトマトの炊き込みご飯。

40

2018.11.26

分類主食

調理時間: 40分(浸水時間省く。)

ID 368774

MARI(奥山 まり)

基本を大事に♪【ちょっぴり手抜きと愛情たっぷりごはん♪】

コツをおさえて縮まずふっくら炊き上がる牡蠣とトマトの炊き込み御飯。
わざわざハーブを買わなくても身近な食材で大丈夫。
シンプルに味わうのも良いけれど、バターとセロリの葉にほんのり隠し味を加えて旨み増し増し♪
クリスマスにもおすすめです。

    材料4人分
    2号(300g)
    A
    トマトジュース(無塩) 420cc(※レシピのポイント参照。)
    A
    タバスコ 4〜5滴
    カキ 220g
    セロリの葉 1本分
    B
    にんにく 1片
    B
    バター 15g
    C
    清酒 30cc
    C
    小さじ1/3
    作り方
    Point!
    濃いめのトマトジュースを使用しています。サラッとしたトマトジュースを使用する時には400〜410ccで十分です。
    トマトの濃度があるため、炊き時間・蒸し時間は長めになります。
    1. ・米は研いでザルにあげ、20分水気を切ります。
      ・カキは、分量外の片栗粉大さじ2と塩小さじ1/2を優しくまぶし水を注ぎ汚れを取り除きキッチンペーパーで水気を切りC

      清酒 30cc、塩 小さじ1/3

      を合わせておきます。
      ・セロリの葉は、5mm幅に刻みます。
      ・にんにくは、みじん切りにします。
    2. 下準備した米とA

      トマトジュース(無塩) 420cc、タバスコ 4〜5滴

      を入れ30分浸しておきます。
      ※タバスコの辛味はたいている間になくなるのでお子様でも大丈夫です。
      ※STAUB ラ ココット デ ゴハンを使用しています。
    3. (1)を軽く混ぜます。
    4. フライパンにB

      にんにく 1片、バター 15g

      を入れ中火で熱し、バターが溶けにんにくの香りがたったら下準備したカキを入れ1分弱炒めます。
    5. 炒めたカキを煮汁ごと(2)に入れ強火にかけます。
    6. 全体にふつふつと煮立ったら、蓋をして弱火で17分、強火で1分加熱して火を止め15分蒸らします。

      ※最後の1分でほんのりおこげをつくるイメージです。おこげが入らない場合は、弱火で19〜20分加熱して火を止めます。
    7. 蓋を取りセロリの葉を乗せて全体に混ぜたらできあがり。

      ※炊き上がりは、トマトが上に上がって水っぽく見えますが混ぜるとふっくら炊き上がります。
    8. お好みでパルミジャーノたっぷりすりおろすのもおすすめです。
    2 39
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「炊きこみご飯・混ぜご飯 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。