レシピサイトNadia

    <BRUNO>ぷるぷるジュレ仕立てのセビーチェ風そうめん

    主食

    <BRUNO>ぷるぷるジュレ仕立てのセビーチェ風そうめん

    お気に入り

    15

    • 投稿日2019/06/04

    • 調理時間35

    皆で味わいたいホットプレートメニューで夏の定番素麺をちょっぴりオシャレに洋風に仕上げた、おもてなしや女子ウケも抜群の魚介のマリネセビーチェ風に。工程多めで面倒に見えがちですが、できあがりまで35分♪ 和風のめんつゆや柚子胡椒、洋風なレモン果汁たっぷりのセビーチェが、バターのコクでひとまとまりになります。 焼きたてのエビを乗せると程よく溶けるぷるぷるのジュレは、残ったらお刺身に添えてオリーブオイルを垂らした和風カルパッチョにもおすすめです。 焼き上げる魚介や野菜は、お好みで増やしてください。

    材料5人分

    • そうめん
      500g
    • 有頭海老
      適量
    • なす(またはズッキーニ)
      1本
    • オリーブ油
      大さじ1
    • バター
      10g
    • 大葉
      10枚
    • <ジュレの材料>
    • A
      めんつゆ(つけつゆの濃さで)
      400ml
    • A
      柚子胡椒
      小さじ1(お子様がいる時は省いて盛り付け時に添える。)
    • ゼラチン
      10g
    • 100ml
    • <セビーチェの材料>
      5人分
    • ホタテ貝柱(刺身用)
      4個
    • フルーツトマト
      1個
    • B
      ふたつまみ
    • B
      新玉ねぎ(みじんり切り)
      1/2個
    • B
      きゅうり(みじん切り)
      1/2本
    • B
      レモン果汁
      大さじ1
    • B
      白だし
      小さじ1/2
    • B
      オリーブ油
      大さじ1.5

    作り方

    ポイント

    ※子どもがいるときには、ジュレを作る際の柚子胡椒を省き、仕上げのトッピングとして柚子胡椒を添えてください。

    • ■なす(またはズッキーニ)は、1cm厚さの輪切りにする。なすを使用する場合は、水にさらしてアク抜きをする。

    • 1

      <ジュレの材料>を用意する。 ■オーバルホットプレート(深鍋)にA めんつゆ(つけつゆの濃さで)400ml、柚子胡椒小さじ1を合わせて入れる。 ■耐熱カップに水を入れ85℃に温めゼラチンをしっかりと溶かして深皿に入れ、めんつゆが均等になるようにゴムベラで混ぜ、ほんのりとろみがついたら冷蔵庫で30分冷やし固める。

      工程写真
    • 2

      <セビーチェの材料>   を作る。 ■ホタテ貝柱(刺身用)は5〜7mmの角切りにする。 ■フルーツトマトは5〜7mmの角切りにする。(種が多い場合は取り除いてから切る。) ■ボウルにホタテ・フルーツトマト・B 塩ふたつまみ、新玉ねぎ(みじんり切り)1/2個、きゅうり(みじん切り)1/2本、レモン果汁大さじ1、白だし小さじ1/2、オリーブ油大さじ1.5を入れて混ぜ味をなじませ、盛り付けの直前まで冷蔵庫で冷やす。

      工程写真
    • 3

      そうめんを茹で、しっかりと冷水で冷やす。

    • 4

      1をホイッパーなどでなぞるようにして混ぜ、ジュレにする。

      工程写真
    • 5

      オーバルホットプレート(平面プレート)に、オリーブ油をひき、[HI]にセットする。プレートが温まったらバターを溶かし、有頭海老と下準備したなす(またはズッキーニ)を入れて焼き上げる。

      工程写真
    • 6

      そうめんに<セビーチェの材料><ジュレの材料>千切りにした大葉と5を盛るか、お好みで別のプレートにそれぞれを盛り付ける。

      工程写真
    レシピID

    376112

    「そうめん」の基礎

    「レモン」の基礎

    「大葉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    そうめん」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    奥山 まり
    Artist

    奥山 まり

    ℍ𝕆𝕂𝕂𝔸𝕀𝔻𝕆 𝔽𝕠𝕠𝕕 𝕕𝕚𝕣𝕖𝕔𝕥𝕠𝕣 身近な素材や調味料を使ってシンプルに、 『笑顔が見られるおうちご飯🍚』モットー✨ 基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】ひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです✨ 乳がんサバイバー3年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始めた君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

    「料理家」という働き方 Artist History