レシピサイトNadia

    チーズフォンデュ風トマトカレー鍋

    主食

    チーズフォンデュ風トマトカレー鍋

    お気に入り

    41

    • 投稿日2019/03/04

    • 更新日2019/03/04

    • 調理時間40

    トマトの爽やかさとスパイシーでコク深いカレースープが絶品!後入れのとろーりチーズに具材を絡めてフォンデュ風に。バケットをスープにひたして食べると格別です。 基本どんな具材でも合うスープなので、お好きな食材で楽しんで下さいね。個人的には「じゃがいも」はマストです!

    材料3人分

    • 粗びきソーセージ
      3本
    • 厚切りベーコン
      80g
    • 新じゃが(小)
      8個
    • もやし
      1袋
    • ブロッコリー
      70g
    • 玉ねぎ
      ½個
    • ニンジン
      50g
    • ミニトマト
      6個
    • マッシュルーム
      4個
    • ニンニク
      2片
    • 生姜
      2片
    • A
      500ml
    • A
      トマト缶(ホールトマト)
      1缶(400g)
    • カレーペースト
      大さじ6
    • オリーブオイル
      大さじ2
    • 適量
    • B
      モッツァレラチーズ
      120g
    • B
      牛乳
      大さじ2
    • バケット
      ½本

    作り方

    ポイント

    ・カレーペースの代わりにカレールウ、カレーパウダーでも可。 ・お子さんが食べる際はカレーペーストの分量を減らして下さい。 ・スープ作りは深めのフライパンで作ってから鍋にスープを移してもOKです。

    • 【材料を切る】 新じゃが(小)は電子レンジ(500w)で5分加熱して中まで火を通す。ブロッコリー、ニンジン、マッシュルームは食べやすい大きさに切る。ミニトマトはヘタを取る。玉ねぎ、ニンニク、生姜はみじん切りにする。バケットは3cm幅に切る。

      工程写真
    • 1

      【スープを作る】 鍋をあたためてオリーブオイル・大さじ2をひき、弱火でみじん切りした玉ねぎ、ニンニク、生姜を炒める。玉ねぎがしんなりしたらカレーペースト・大さじ6を加え、香りが出て全体に馴染むまで炒める。

      工程写真
    • 2

      ❶にA 水500ml、トマト缶(ホールトマト)1缶(400g)を加えて煮立たせる。蓋をせずに中火で10分煮込んだらトマトを潰して混ぜ、塩で味を整える。 ※後は具材を入れて煮るだけなので、ここまで下準備をしておくと楽ですよ。

      工程写真
    • 3

      【煮る】 もやしを❷へ入れ、その上に粗びきソーセージ、厚切りベーコン、下ごしらえした野菜を乗せる。蓋をして具材に火が通るまで加熱する。

      工程写真
    • 4

      【盛り付ける】 B モッツァレラチーズ120g、牛乳大さじ2を合わせて電子レンジ(500w)で1分加熱して混ぜ、❸に流し入れる。焼いたバケットを添えて完成! ※鍋の〆はご飯とチーズを入れてリゾットに。またはカレーうどんにしても美味しいですよ。

      工程写真
    レシピID

    373083

    このレシピが入っているArtist献立

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「カレー鍋」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    三浦ユーク
    Artist

    三浦ユーク

    料理研究家、キッチン男子部・部長、元寿司職人(アメリカ) テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、企業レシピ考案、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。 得意ジャンルは、ちょっと気の利いたお酒のおつまみや居酒屋メニュー。 料理を作る時のモットーは「調和とアクセント」。全体のバランスを考えつつも、香り・食感・味覚を刺激するアクセントを加えることを意識しています。 「世の中にもっと料理をする人が増えれば、大切な人とのコミュニケーションが増えるし、美味しいものを一緒に楽しむ時間を共有でき、世界は今以上に幸せになるんじゃないか?」という想いから、料理人口を増やすべく啓蒙活動として、おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」を設立、主宰。 料理は表現であり、感動と幸せを提供できる「エンターテインメント」だという想いで活動しています。作っていただいたレシピが「家庭の味」になり、代々受け継がれる様な愛されるレシピ作りを目指しています。

    「料理家」という働き方 Artist History