レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

レモスコで!ピリ辛!いろいろ魚介のレモンクリーム煮込み

主菜

レモスコで!ピリ辛!いろいろ魚介のレモンクリーム煮込み
  • 投稿日2020/11/07

  • 調理時間20

お気に入りに追加

66

レモスコのレモンの爽やかな風味とピリッとした辛味が後を引く 魚介の旨味たっぷりのレモンクリーム煮込み♪ クリスマスのメインにもぴったりのごちそう感☆ 白ワインやスパークリングワインにも合います! パンを添えれば、キャベツたっぷりでお野菜も摂れるので、一品で完結レシピです!

材料2人分写真のお皿2皿分

  • えび
    6尾(約100g)(殻を含む)
  • A
    片栗粉
    小さじ2
  • A
    小さじ1/4
  • A
    大さじ1
  • キャベツ
    4枚(約170g)
  • 玉ねぎ
    1/2個(約120g)(皮を取り除いた状態)
  • 生鮭(切り身)
    2枚(約200g)
  • ベビーホタテ(ボイル済み)
    8個(約70g)
  • 適量(約小さじ1/4 )
  • こしょう
    適量(約小さじ1/4)
  • 薄力粉
    適量(約大さじ1)
  • バター
    20g(有塩/食塩不使用 どちらでも)
  • オリーブオイル
    大さじ1
  • 白ワイン
    100ml
  • B
    レモスコ
    大さじ2/3
  • B
    小さじ1/3
  • 生クリーム
    70ml
  • レモスコ
    小さじ1
  • ディル
    適量(お好みで)

作り方

ポイント

●えびの下処理をしっかりとすることで臭みが取れます。 ●最後に小さじ1のレモスコを加えることでレモンの香りがより引き立ちます。 #ヤマトフーズタイアップ

  • 【えび】 ●殻をむき、背側を包丁で切り開いて背ワタをとる。 ●ボウルにえびを入れ、A 片栗粉小さじ2、塩小さじ1/4、水大さじ1を加えてもみ込む。 ●水で何回かゆすぐ。 ●ざるに上げて水気を取り、尾先を切り落とす。 【玉ねぎ】 皮をむき、お尻と頭部分をを切り落とし繊維に対して垂直に4mm幅に薄切りする。 【キャベツ】 繊維に対し垂直に6mm幅に千切りする。

    工程写真
  • 1

    生鮭(切り身)、ベビーホタテ(ボイル済み)、えびの水分をキッチンペーパーで取り除く。 塩、こしょうをふり、薄力粉を薄くまぶしておく。

    工程写真
  • 2

    フライパンにバターを入れて弱火で加熱する。 バターが溶けて小さな泡が出はじめたら、鮭を皮目を下にして中火で焼く。 3分経ったら、えび、ホタテを加えて中火で1分加熱する。裏表を返し、もう片面を中火で1分焼く。 いったん皿に取り出しておく。

    工程写真
  • 3

    フライパンの余分な油をキッチンペーパーでふき取り、オリーブオイルをフライパンにひいて、玉ねぎをしんなりするまで中火で炒める。 白ワインを加え、中火で2分煮詰める。 B レモスコ大さじ2/3、塩小さじ1/3を加えて混ぜ、キャベツをいれて蓋をし、弱火で5分煮込む。

    工程写真
  • 4

    生クリームを加え、えび、ホタテ、鮭を加えて蓋をして弱火で2分煮込む。 蓋を取り、魚介にソースをかけながら煮詰める。 火を止めてレモスコをかける。

    工程写真
  • 5

    器にキャベツ、玉ねぎを敷いて魚介をバランスよくのせる。お好みでディルを飾る。

    工程写真
レシピID

401071

「玉ねぎ」の基礎

「キャベツ」の基礎

「えび」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

クリーム煮」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

mayumillion
Artist

mayumillion

プロフィールご覧頂きありがとうございます😊 何気ない食材でー工夫した手料理を作った時の 「美味しい!」の一言が嬉しくて🎶 そんな作る方も食べる方も笑顔にするような “心豊かになる 幸せレシピ”💕を お伝え出来ればと思います。 主婦の視点から、毎日の料理が楽しくなるよう 簡単に手に入る少ない材料や調味料でも 美味しく健康的に 元ネイリスト、アパレルデザイ-のセンスを活かして 華やかにおしゃれに見えるよう工夫したレシピ また、フランスに住んでいたことと 旅行が好きなので、 いろんな国の料理を作るのも好きです 日本人にも食べやすく、日本の材料でも 作れるようアレンジした海外の料理など いろんなお料理やスイーツのレシピを アップしていきたいと思います🎶 よろしくお願いします😊 Instagram→@mayumillion

「料理家」という働き方 Artist History