レシピサイトNadia

    豚バラと新じゃがのポン酢煮【#作り置き#簡単#節約】

    主菜

    豚バラと新じゃがのポン酢煮【#作り置き#簡単#節約】

    お気に入り

    1224

    • 投稿日2019/04/11

    • 調理時間25

    新じゃがいもと新玉ねぎを使った、さっぱり煮物♪ こちら、豚バラ・新じゃが・新玉ねぎを炒めたら、あとはポン酢だれで煮込むだけ♪いつも、ポン酢煮といったら、ポン酢+みりんで煮ることが多いのですが、新じゃがいもと新玉ねぎがびっくりするほど甘いので、みりんや砂糖などの調味料は不要! 逆にしょうゆを加えて、味を引き締めていきます。 これが、本当にめちゃめちゃ美味しくて...!イメージとしては、さっぱり味の肉じゃが。豚バラの旨味を吸い込んだ、ホクホクじゃがいもととろとろ玉ねぎが最高に美味しい!

    材料2人分

    • 豚バラ薄切り肉
      200g
    • 新じゃがいも
      2〜3個(250g)
    • 新玉ねぎ
      1/2個
    • (あれば)スナップエンドウ
      5〜6本
    • A
      1.5cup(300ml)
    • A
      ポン酢
      大さじ3
    • A
      しょうゆ、酒、鶏ガラスープ
      各小さじ1
    • 粗挽き黒胡椒
      適量
    • サラダ油
      大さじ1/2

    作り方

    ポイント

    ⚫︎豚バラ薄切り肉は、しゃぶしゃぶ用を使用しました。 ⚫︎豚バラ薄切り肉は、ロースでも代用可能です。 ⚫︎新じゃがいも・新玉ねぎは、普通のじゃがいも・玉ねぎで代用可能です。(その場合、皮は剥いてください) ⚫︎スナップエンドウは、なければ省いてもOKです。または、絹さやなどで代用しても♪ ⚫︎さっぱり食べたい方やカロリーが気になる方は、煮汁を注ぐ前に、ペーパータオルで余分な油を拭き取って♪ ⚫︎落し蓋は、クッキングペーパーやアルミホイル、ペーパータオルでOKです。 ⚫︎フライパンは、26cmのものを使用しました。 ⚫︎日持ちは、冷蔵庫で3〜4日です。

    • 1

      新じゃがいもはよく洗い、一口サイズの乱切りにする(皮ごと)。新玉ねぎは、くし形に切る。(あれば)スナップエンドウは、筋を取る。

      工程写真
    • 2

      フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚バラ薄切り肉を炒める。豚肉の色が変わったら、1を加えてサッと炒める。

      工程写真
    • 3

      玉ねぎがしんなりしたらA 水1.5cup、ポン酢大さじ3、しょうゆ、酒、鶏ガラスープ各小さじ1を加え、落とし蓋をして20分煮る。残り時間3分になったら、スナップエンドウも加えて一緒に煮る。

      工程写真
    • 4

      仕上げに粗挽き黒胡椒をふる。味がボケて感じる方は、塩少々も加えて♪

      工程写真
    レシピID

    374546

    「豚肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    新じゃがいも」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    Yuu
    Artist

    Yuu

    福岡県在住。 * 料理が楽しくなる”きっかけづくり” * 【やる気がなくても作りたくなる!】 【不器用でも忙しくて、やっぱり褒められたい!】 【幸せな家族時間を作りたい!】 そんな思いを叶えるレシピを目指しています。 得意分野は【季節の野菜・ヘルシー食材・節約食材を使った料理】。 ⚫︎やりたいことが多すぎて、料理に時間をかけていられない! ⚫︎育児に追われていて、ゆっくりキッチンに立つ時間がない! ⚫︎仕事と家庭の両立で、毎日時間に追われている! そんな方達の”時間と心にゆとりを作るお手伝い”ができたら嬉しいです♪ 好物は、あたりめ。 《著書》 ・Yuu*'s スピードおうちバル(光文社) ・Yuu*のゆる☆つくりおき(主婦と生活社) ・Yuuのラクうま♡ベストレシピ(扶桑社) ・Yuuのラクうま♡晩ごはん(扶桑社)←最新刊です 《お知らせ》 いつも、お気に入り登録やコメント、本当にありがとうございます! 励みになっております^^♪ 只今、業務多忙につき、数ヶ月の間コメントの返信をお休みさせて頂いておりますm(_ _)m しかし、質問などにはお答えしますし 頂いたコメントは全て目を通させていただきますので お気軽にコメントくださいね! これからも、どうぞよろしくお願い致します♡

    「料理家」という働き方 Artist History