レシピサイトNadia

    とうもろこしご飯【焦がしバター醤油ダレで味変】

    主食

    とうもろこしご飯【焦がしバター醤油ダレで味変】

    お気に入り

    573

    • 投稿日2020/07/20

    • 更新日2020/07/20

    • 調理時間10(炊飯時間は除く)

    夏の醍醐味、とうもろこしご飯です。 美味しくなるPOINTは少し多めのお酒を入れて炊くこと。お米ととうもろこしの甘さが引き立ちますよ♪ 炊き立ては、とうもろこしの風味をたのしみ、途中からは味変で焦がしバター醤油をかけて食べちゃいます(^.^) このタレには粗挽き黒胡椒トッピングがおススメです♪

    材料2合分

    • 2合
    • 適量
    • とうもろこし
      1本
    • A
      大さじ2
    • A
      小さじ1
    • 味の素
      あれば2〜3振り
    • B
      バター
      15g(大さじ1)
    • B
      みりん、醤油
      各大さじ1

    作り方

    ポイント

    •焦がしバター醤油ダレはお好みで お作りください。 •タレをお使いになる際は、粗挽き黒胡椒をたっぷりひいて食べるのがおススメです。 •作り置きする際の日もちは冷凍で約3週間です。

    • 米は研ぎ、内釜に入れ2合の目盛りまで水を入れて20分〜30分おく。

      工程写真
    • 1

      とうもろこしは皮とひげ根をとり半分に切り、実を削ぐ。芯の部分も使います。

      工程写真
    • 2

      炊飯器の内釜にA 酒大さじ2、塩小さじ1を入れ軽く混ぜる。米の上にとうもろこしの実と芯をのせ通常炊飯する。

      工程写真
    • 3

      炊き上がったら芯を取り出し、味の素を2〜3振りして均一に混ぜる。ここで炊き込みご飯は出来上がりです。

      工程写真
    • 4

      フライパンや小鍋にバターを入れ弱火〜中火で熱し溶け出した時の泡が少なくなくなり、ごま油のような色に変わってきたら火を止める。B バター15g(大さじ1)、みりん、醤油各大さじ1を入れ混ぜたら焦がしバター醤油ダレの完成です。B バター15g(大さじ1)、みりん、醤油各大さじ1を加える時、油はねするので気をつけてください‼︎ このタレは味変用で、ごはんにかけて使います。

      工程写真
    レシピID

    395333

    「とうもろこし」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「炊き込みご飯」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ちおり
    Artist

    ちおり

    北海道札幌市在住。 食べることが大好きな 19歳と15歳、2人の娘の母です。 【著者】 •ちおりの簡単絶品おかず【宝島社】 •ちおりの簡単絶品おかず2【宝島社】 Instagram→@chiori.m.m 働く主婦、子育て中ならではの等身大の料理が人気を呼び、インスタグラムのフォロワーは30万人(2022年10月現在) 主婦目線で、家族から喜ばれ、忙しい女性が助かるレシピ作りがモットー。 おうちにある調味料のひと工夫で、よりおいしくなる料理をお届けしています。 インスタグラムではレシピはもちろん、料理がおいしくなるコツや保存ワザなど、役立つ情報を日々更新中です。

    「料理家」という働き方 Artist History