レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

砂肝と芽キャベツのコンフィ

副菜

砂肝と芽キャベツのコンフィ
  • 投稿日2013/01/19

  • 調理時間15(漬け込み時間を除く)

お気に入りに追加

26

大好きな常備菜、砂肝のコンフィ。今回は旬の芽キャベツを入れて、甘みとホクホク感を一緒に楽しみます。ほったらかし調理で簡単、筋までやわらかな砂肝が絶品です。

材料

  • 砂肝
    2パック (約430g)
  • 芽キャベツ
    8個
  • にんにく
    1~2片
  • オリーブオイル
    適量
  • A
    9g
  • A
    ブラックペッパー
    少々
  • A
    ハーブ類(タイム、セージ、ローズマリーなど)
    少々
  • A
    ローリエ
    1枚
  • A
    鷹の爪 (※種を取ったもの)
    1本

作り方

ポイント

◆低温の油でゆっくりと火を入れていくので、かたい銀皮の部分もやわらかく仕上がります。 ◆残ったオイルはとてもおいしいので、パンなどにつけてお召し上がり下さい。

  • 1

    砂肝は食べやすい大きさに切る。 食品用ビニール袋に入れてA 塩9g、ブラックペッパー少々、ハーブ類(タイム、セージ、ローズマリーなど)少々、ローリエ1枚、鷹の爪 (※種を取ったもの)1本をもみ込んだら空気を抜き、常温で30分おく。

  • 2

    芽キャベツは外側の汚れた葉と根元を落とし、大きければ半割りに。 にんにくも皮をむいて半割りにする。

  • 3

    小鍋に砂肝、芽キャベツ、にんにくを入れてひたひたにオリーブオイルを注ぐ。 そのまま弱火にかけ、砂肝の色が変わって中まで火が通ればできあがり。

レシピID

100382

「にんにく」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

庭乃桃
Artist

庭乃桃

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専攻し、現地へ留学。結婚をはさんで数年を過ごすなか、生活のベースとしての「食」の大切さを改めて感じて食の道へ。その土地ごとの暮らし・風土からうまれる料理や食のありかたを学ぶ。 現在は、料理家として企業向けレシピの開発やスタイリング・撮影を手がけるほか、食に関する書籍・コラムの執筆や翻訳、講演など多方面で活動中。 2020年、欧州連合(EU)の食品・飲料プロモーション「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、EU食材×日本食材のマッチングによる季節のオリジナルレシピを開発・監修。広尾のヨーロッパハウス(駐日欧州連合代表部)、国内最大の”食”の見本市・ファベックス関西ほか会場で、同キャンペーンの基調講演をおこなった。

「料理家」という働き方 Artist History