レシピサイトNadia
    デザート

    ひんや~り濃厚♡かぼちゃプリン

    • 投稿日2017/07/18

    • 更新日2017/07/18

    • 調理時間30(※焼き時間を除く。)

    誰もが、ある時、突然、食べたくなる『かぼちゃプリン』、ハロウィンの時期に限らず、夏のスイーツとしても健在です♪疲れている時のエネルギーチャージにもなってうれしいデザートです。

    材料※ココット型5個分のレシピです。

    • かぼちゃ 
      1/3個分
    • 卵 
      2個
    • 三温糖 
      60g
    • 生クリーム 
      100ml
    • 牛乳 
      200ml
    • バニラエッセンス 
      3~4滴
    • グランマニエ 
      大さじ1
    • グラニュー糖 
      50g
    • 水 
      小さじ2
    • 熱湯 
      40ml  

    作り方

    ポイント

    ※1 三温糖を使用する理由は、かぼちゃの色を綺麗に出すためです。そして、また、かぼちゃの素朴な味を引き立てる役目も果たしてくれます。  

    • ①かぼちゃは、わたと種を取り除き、煮物にするくらいの大きさにカットしてシリコンスチーマーに入れて500Wで10分ほど加熱したら、皮の部分だけをカットしてオレンジの身の部分だけをボールに投入してマッシャーでつぶしてピュレ状にしておきます。 このピュレの220gのみを使用します。   ②カラメルソースを作っておきます。 小鍋にグラニュー糖と水を投入して5分ほど中火にかけ、薄い茶色に変化してきたら弱火にして熱湯を少しずつ投入して濃度を伸ばします。 (※この時、ハネやすりので注意!) カラメルソースが出来たらココット型にあらかじめ流し入れておきます。

    • 1

      下準備①のかぼちゃのピュレ220gをボールに入れて、生クリームを投入してヘラでよく混ぜ合わせます。

    • 2

      別のボールに卵を割りほぐし、三温糖、バニラエッセンスを泡だて器でよく混ぜ合わせておきます。

    • 3

      小鍋に牛乳を入れて、沸騰直前まで沸かして、少量ずつ2に投入しながら混ぜ合わせます。

    • 4

      3を万能こし器でこします。

    • 5

      1に4を投入してヘラでよく混ぜ合わせてグランマニエも加えます。 ※グランマニエは、写真のリキュールです。  

      工程写真
    • 6

      5を下準備②のカラメルソースを敷いたココット型に流し入れていきます。

    • 7

      あらかじめ170度の予熱しておいたオーブンの天板に6を乗せてから天板の上に湯を張り、170度で20分、その後、160度に下げて10分焼きます。

    • 8

      焼きあがったら取り出して冷まし粗熱を取ってから、冷蔵庫で1~2時間冷やし固めます。  

    レシピID

    176462

    質問

    作ってみた!

    「プリン」の基本レシピ・作り方

    こんな「プリン」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「生クリーム」の基礎

    「オーブン」の基礎

    「プリン」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    豊田 亜紀子
    • Artist

    豊田 亜紀子

    家庭料理研究家

    家庭料理研究家&クリエイター 料理教室 Pinkish Rose Club 主宰 <フード資格> 野菜ソムリエ アスリートフードマイスター 薬膳アドバイザー スパイス香辛料アドバイザー スパイスインストラクター メディカルハーブカウンセラー ハーブライフインストラクター <その他の資格> パーソナルカラーアナリスト/イメージコンサルタント/ 実用英語検定準1級/日商簿記2級/華道師範 <自己紹介> 日本と世界の家庭料理(アメリカ料理専門)、及び、スパイスとハーブ料理のレシピをご紹介しております。 40~50代の主婦層を中心に支持されている二児の母。 Hiphop・Jazz・R&B・Soul music lover♡ <現在の活動> 大手食品メーカーのスパイスレシピ開発をメインに活動中。 また、カラーイメージコンサルタントとして、色彩を整えることに特化しており、料理の全体構成・企業様のブランディングのイメージメイキング作成のお手伝いを致します。 また、経済、会計等の知識も持ち合わせております。 <注記> 統計を正しく把握するため、自身のブログ及び各サイトにおいてもフォローを『0』数値に設定しており、相互フォローは一切行っておりません。宜しくご了承下さい。

    「料理家」という働き方 Artist History