レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

サーモンとアボカドの玄米サラダ丼

主食

サーモンとアボカドの玄米サラダ丼
  • 投稿日2020/09/14

  • 調理時間10

お気に入りに追加

185

栄養満点の玄米ですが、不足しがちな栄養を補う具材を入れてサラダ風の丼に。 忙しい時でもぱぱっと作れて便利です。

材料2人分

  • 玄米ごはん
    2杯
  • サーモン(生食用)
    100g
  • アボカド
    1/2個
  • ミニトマト
    4個
  • グリーンリーフ
    1~2枚
  • A
    みそ
    大さじ1
  • A
    はちみつ
    大さじ1/2
  • A
    大さじ1
  • A
    オリーブオイル
    大さじ1/2
  • A
    黒こしょう
    少々

作り方

ポイント

■発酵食品のみそにオリゴ糖も豊富なはちみつを入れてドレッシングを。玄米の食物繊維との相乗効果でお腹の調子を整える効果も期待できます。 (スタイリング・撮影:佐藤絵理)

  • 1

    サーモン(生食用)を一口大に切る。アボカドを角切りにする。ミニトマトを縦4等分に切る。グリーンリーフを食べやすい大きさにちぎる。

  • 2

    A みそ大さじ1、はちみつ大さじ1/2、酢大さじ1、オリーブオイル大さじ1/2、黒こしょう少々を上から順に混ぜ合わせる。

  • 3

    器に玄米ごはんを盛り付け、サーモンと(1)をのせ、(2)をかける。

レシピID

398091

「トマト」の基礎

「鮭」の基礎

「酢」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

柴田真希
Artist

柴田真希

㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。 1981年、東京生まれ 女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。 27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。 現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発プロデュースなどを手がける。 「私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。」「ココナッツオイル使いこなし事典」(ともに世界文化社)、「はじめての酵素玄米」(veggy Books)、「やっぱり、塩レモン!魔法の調味料で作る絶品レシピ」(河出書房新社)、しっかりごはんとシンプルおかず「おなかやせ定食」(主婦の友社)、「女子栄養大学の雑穀レシピ」(PHP出版)、「簡単! 美腸レシピ」 (エイムック)などを出版。

「料理家」という働き方 Artist History