イタリア発!子供に大人気♡ミニトマトとチーズのコトレッタ

20

2020.07.07

分類主菜

調理時間: 20分

ID 392956

Tsugumi

ローマ発 イタリア家庭料理の魅力をあなたにも

コトレッタとは本来、子牛のリブロースの切り身に溶き卵とパン粉をつけて揚げた料理のことです。ミラノ風 カツレツ、コトレッタ・アッラ・ミラネーゼとして名を馳せているかとも思います。
ご家庭ではもちろん子牛に拘らずに、入手可能なお肉で作っていきましょう。
牛もも肉のかたまりが手に入らなければ、薄切りでも大丈夫です。
実は我が家では、敢えて薄切り肉を買って2枚並べて作ったりもしています。
肉叩きをする手間も省けますし、我が家では薄い食感が好きなんです。
この辺はお好みでどうぞ!
ちなみに肉の塊を肉叩きやビール瓶などで叩くのは、繊維を壊して柔らかさを出すためです。

    材料4人分
    牛もも肉 200g(50g×4個(薄切りでも可))
    小麦粉 適量
    溶き卵 1個分
    パン粉 適量
    スライスチーズ 4枚
    ミニトマト 約10個
    オリーブオイル 適量
    塩、こしょう 適量
    作り方
    Point!
    沢山の人を家に招くのが大好きなイタリア人ですが、我が夫ももれなくそのタイプです。
    あれこれとメニューを考えるのは好きな私ですが、キッズメニューまではなかなか余力がないというのが本音だったりもします。
    そんな時に大活躍してくれるのが、こちらのメニュー。
    これさあえあれば、子供達も満足してくれます。
    もちろんパーティー時だけではなく、普段の夜ご飯のおかずとしても。
    今日はちょっと料理はしたくないな、などという日にもうってつけのメニューです。
    1. 牛もも肉のかたまりを肉叩きかビール瓶などで叩き2から4mmほどに伸ばしていく。
      薄切り肉の場合は叩かずに、数枚を一緒に合わせておく。
      塩、こしょうも忘れずに!
      ミニトマトは4等分に切る。
      オーブンは180度に予熱する。
    2. 下準備をした牛もも肉に、茶こしなどで小麦粉を振りかけ、溶き卵⇒パン粉の順につける。
    3. スライスチーズ(大きかったらカットしながら肉の大きさに合わせて乗せる)とカットしたミニトマトをカツレツの上に乗せる。 →写真手前
    4. オリーブオイルをかけ、180度のオーブンで綺麗な焦げ目がつくまで焼き上げる。(約15分程度)
    8 50
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「牛肉 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。