レシピサイトNadia
    副菜

    ビストロ風♪ベーコンと夏野菜のお手軽チーズフォンデュ

    • 投稿日2021/05/29

    • 更新日2021/05/29

    • 調理時間40

    お気に入り

    152

    インパクト大! でもとっても簡単! 具材を切って並べて⇒オーブンにin! だけのお手軽チーズフォンデュです。 とろっとろのチーズのおかげで野菜がたくさん食べれちゃう♪ スライスしたバゲットも合いますよ(^^ 中々お出かけしづらいですが、 たまにはこんなお料理でおうちビストロ♪

    材料4人分

    • ベーコン
      80g
    • ズッキーニ
      2/3本
    • トマト
      2個
    • じゃがいも(小)
      2個
    • カマンベールチーズ
      1個
    • ローズマリー(無くても可)
      1本
    • EXオリーブオイル
      大さじ1
    • 塩、コショウ
      少々

    作り方

    ポイント

    ★スキレットがない場合、普通のオーブン皿でももちろん大丈夫です。 ★最後に具材にオリーブオイルをかけることで、火の通りをよくし、また香ばしく仕上がります。 ★具材の大きさをそろえると、並べやすいです。 ★予熱の時間ももったいないので、火を通すのに活用しています!

    • 1

      ・じゃがいも(小)、ズッキーニは2mm程度の薄い輪切りにする。 ・トマトは3mm程度の輪切りにして半分に切る。 ・ベーコンは1センチ程度に切る。 ※すべての材料の大きさが大体同じになるように切ってください。

      工程写真
    • 2

      カマンベールは上の部分を薄くスライスし、取り除いておく。

      工程写真
    • 3

      スキレット(又はオーブン皿)に野菜をぐるっと並べる。 ベーコン⇒ズッキーニ⇒トマト⇒じゃがいも⇒ベーコン⇒ズッキーニ…と同じ順番で1周するように並べていく。

      工程写真
    • 4

      最後に円の中心に余った野菜(お好きなものでいいです)を敷く。

      工程写真
    • 5

      真ん中にカマンベールチーズを置く。

      工程写真
    • 6

      全体にEXオリーブオイルを回しかけて、野菜に軽く塩、コショウをする。 カマンベールチーズの上にローズマリー(無くても可)を飾る。

      工程写真
    • 7

      オーブンに入れて、予熱210度に設定し予熱している間もスキレットを入れて火を通す。 予熱完了したら20分210度で焼く。

      工程写真
    • 8

      野菜にいい焼き色がつき、火が通っていればOK。

      工程写真
    レシピID

    413675

    質問

    作ってみた!

    こんな「野菜のおかず」「チーズフォンデュ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    関連キーワード

    「オーブン」の基礎

    「トマト」の基礎

    「じゃがいも」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    カリニ彩
    • Artist

    カリニ彩

    料理家

    プロフィールご覧いただき ありがとうございます♡ 幼少期からイタリア、イギリス、ブラジルに住んできました。昔から食べることが大好きで、海外で出会ったお料理を家庭料理にアレンジするのが趣味かつ楽しみになっていました。 現在はイタリア人の夫と、小さな子ども達4人と日本で暮らしています⭐︎ 子どもがまだ小さいので、色々な食材を健康的に食べてもらえたら…と、考えながらお料理しています。 毎日お料理するのは本当に大変。 でも、美味しい!と言って自分が作ったものを食べてもらえると、嬉しいしやる気も出ますよね。 料理を作ることが、少しでも楽しみに変わるようなお料理をご紹介できたらと思っています。   ■プロフィール 小学生を数年間イタリア・ミラノで過ごし、イタリアという国や文化に魅了されました。 イタリア語・文化をしっかり学ぶたい!という小さい頃からの思いが消えず、大学在学中にイタリア・ボローニャ大学に交換留学。 現地で食べた数々の本場のイタリアンに感激… そこで出会ったイタリア料理を自宅で再現したり、食べ歩いたり。。。 留学中はイタリア料理にどっぷりハマりました。 大学卒業後はSEとしてイギリス、ブラジルのプロジェクトに参加。イギリス、ブラジルは色々なオリジナリティーの人々が集まる国だったのでお料理も多国籍! 食材の使い方など、とても勉強になりました。 その後イタリア人の夫と結婚し、イギリスに数年暮らし、第一子も英国で出産。 夫のマンマの本場イタリアンはやっぱりとっても美味しい…! ■Instagram ⇒⇒⇒felicehippo

    「料理家」という働き方 Artist History