レシピサイトNadia
    主菜

    パパッとできる*うま辛!厚揚げ入り麻婆茄子

    • 投稿日2021/08/10

    • 更新日2021/08/10

    • 調理時間15

    うま辛味が暑い夏でも食欲そそる♪ 厚揚げ入りでボリュームアップの麻婆茄子です。 比較的切るのが楽な食材ばかりのため、準備も楽ちんでさっと作れます。 少しあん(水)を多めにしているので、丼や麺にかけてもおいしいです。

    材料作りやすい分量

    • 茄子
      2本
    • 厚揚げ
      1枚
    • ニラ
      6本
    • 豚ひき肉
      200g
    • A
      胡椒
      適量
    • A
      おろし生姜、にんにく
      各小さじ1
    • A
      豆板醤
      小さじ1
    • A
      甜麺醤
      小さじ2
    • B
      300ml
    • B
      鶏がらスープの素
      小さじ1
    • C
      醤油、酒
      各小さじ2
    • C
      みりん
      小さじ1
    • 片栗粉
      大さじ1
    • サラダ油
      適量

    作り方

    ポイント

    *茄子を炒める時に油をコーティングすることで、色よく仕上げます。フライパンでやるのが難しければ、事前にボウルなどに茄子を入れて油をコーティングしても良いです。 *26cmフライパンを使用しています。

    • 1

      茄子は長さを3等分にしてから6等分のくし切りにする。水にしばらくつけてからザルに上げて水けを切る。 厚揚げは幅を4等分にしてから8mm厚に切る。ニラは1.5cmに切り、根元の太い部分とそれ以外に分けておく。

      工程写真
    • 2

      フライパンにサラダ油少々を中火で熱し、豚ひき肉を炒める。色が8割ほど変わってきたら、A 胡椒適量、おろし生姜、にんにく各小さじ1、豆板醤小さじ1、甜麺醤小さじ2を加えてよく炒める。 フライパンの中央をあけて茄子と厚揚げを入れる。サラダ油(約小さじ2〜)を茄子にかかるようにまわし入れて茄子にコーティングする。

      工程写真
    • 3

      蓋をして2分蒸し焼きにしたらニラの根元部分を加えて炒め、B 水300ml、鶏がらスープの素小さじ1を加える。沸騰してきたら火を少し弱めて蓋をして3分煮込む。

      工程写真
    • 4

      C 醤油、酒各小さじ2、みりん小さじ1を加えて味をととのえたら残りのニラを入れ、倍量の水で解いた水溶き片栗粉を加えてしっかり煮立たせてとろみをつける。

      工程写真
    レシピID

    418989

    質問

    作ってみた!

    • Double-K
      Double-K

      2023/04/04 23:37

      厚揚げ入れると、いい感じにボリュームも上がって美味しかったです。

    こんな「麻婆茄子」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    関連キーワード

    「厚揚げ」の基礎

    「なす」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    藤本マキ
    • Artist

    藤本マキ

    料理研究家・栄養士・豆腐マイスター

    • 栄養士
    • 豆腐マイスターアドバンス

    料理研究家 栄養士 豆腐マイスター(食育豆腐インストラクター) リバウンドを繰り返していた夫の、リバウンドなし!-12kgダイエット成功レシピを中心に レシピを公開しています。 ◇───────────────────────◇     ※著書『藤本マキの食べやせごはん』    2024年4月19日より発売開始いたしました♪ ◇───────────────────────◇ ■おいしさにこだわる食べやせごはん ※低カロリー・低脂質・高たんぱく質レシピなど ■意識していること ・ダイエットメニューには見えないボリューム感 ・代謝や腸活を意識したメニュー ・ダイエットしていない家族も一緒に食べたくなる、献立に取り入れやすいレシピ ・身近な食材で節約にもなるダイエットレシピ * 料理教室講師・出版社でのレシピ編集の経験などを経て、 レシピ開発、撮影調理、スタイリング、コラム執筆を行い、 企画書作成やデザインスキルあり。 SNSでもわかりやすいスワイプレシピを発信中です。

    「料理家」という働き方 Artist History