レシピサイトNadia
    • 2023/02/10
    • 献立
    • 7日分
    • 280

    【魚がメイン】家族が喜ぶ!大満足ヘルシー時短献立

    悩みがちな魚を使った献立です。地味な色合いになりがちな魚がメインの料理も野菜を使ってカラフル、ヘルシーに仕上げました!大人も子どもも喜ぶ献立ですよ。

    1日目

    ほっこりおいしい和食でも大満足な献立

    和食だとボリュームが減りがちですが、こちらは大満足できる献立!フライド大根を追加することで満足度も高くなりますよ♪ ①野菜を切り、鮭は酒と塩をまぶすし、大根は下味をつける。 ②きゅうりのさっぱり和えを作り冷蔵庫に置く。 ②鮭を揚げ焼きする。 ③揚げ焼きしている間にお吸い物を作る。 ④大根を揚げ焼する。 ⑤揚げ焼きしている間に鮭にかける、野菜あんかけを作り、鮭にかける。

    2日目

    魚が苦手な方にもおすすめ!魚の竜田揚げの献立

    魚が苦手な方やお子さまにもおすすめな魚の竜田揚げがメインの献立。彩りもきれいでどれを食べてもおいしいですよ♪ ①材料を切り、さつまいもとれんこんは水に浸す。きんぴら蓮根を作り味を染み込ませる。 ②さつまいもをレンジで加熱し、その間に落とし卵のなめこスープを調理し卵を落とす直前まで作り火を止める。 ③さつまいもをマッシュし粗熱を取っている間に魚に粉をまぶす。 ④さつまいもサラダを作る。 ⑤魚を揚げ焼する。 ⑥スープを再び火にかけ、沸いたら卵を落とす。

    3日目

    定番の鮭のちゃんちゃん焼きでおかわりが止まらない献立

    野菜たっぷりヘルシーだけど食べ応えのある、大人も子どもも喜ぶ献立です。 ①材料をすべて切る。鮭は水気を拭い、ちゃんちゃん焼きの合わせダレを作る。 ②トマトの塩昆布和えを作り冷蔵庫に入れておく。 ③鮭のちゃんちゃん焼きを焼く。 ④焼いている間にちくわの磯部揚げを揚げる。 ⑤スープを作る。

    4日目

    サバの味噌煮で和食でおふくろの味が楽しめる献立

    一度作ってほしいサバの味噌煮を使った、おふくろの味が楽しめる献立。ほっこり心もお腹も満たされますよ。 ①材料を切り、キャベツをレンジで加熱する。 ②加熱している間に長芋に下味をつける。 ③サバの味噌煮を作る。 ④長芋に粉をまぶし、揚げ焼する。 ⑤お吸い物を作る。

    5日目

    忙しい日は丼もの!サーモンユッケ丼の献立

    調理にかける時間がないときにもおすすめなサーモンユッケ丼の献立です。 ①材料を切り、キャベツをレンジで加熱する。 ②サーモンを合わせダレと和える。 ③かき玉スープを作る。 ④スープを作っている間に海苔ゴマキャベツを作る。 ⑤ごはんにサーモンをのせる。

    6日目

    下味冷凍で時短!魚がメインの和食でもボリューム満点な献立

    メインの魚は下味冷凍を使うので焼くだけ!忙しい平日にマネしたい献立です。 ①切り干し大根とさつまいもを水に浸す。 ②材料を切る。 ③さつまいもの塩バターを作り、そのまま冷まして味を染み込ませる。 ④レンジで加熱している間にキャベツと豚こまの生姜スープを作る。 ⑤スープを作りながらブリを焼く。 ⑥ブリを焼きながら切り干し大根のサラダを作る。

    7日目

    子どもも喜ぶ栄養満点な献立

    子どもが喜ぶ魚がメインの献立です。彩り豊かにすることで栄養バランスも整い、普段のごはんもよりおいしそうに仕上がりますよ。 ①鮭に下味をつける。 ②材料をすべて切り、きゅうりの甘辛さっぱり漬けを作り冷蔵庫に入れておく。 ③パン粉をまぶし、おいている間にオクラとひじきのサラダを作る。 ④鮭を揚げ焼する。 ⑤揚げ焼きしている間に、濃厚コーンスープをレンジで調理。 ⑥レンジで調理している間にタルタルソースを作り、鮭にそえる。

    どめさん
    • Artist

    どめさん

    料理研究家

    📚著書・保存袋に具材を詰めたら、冷凍保存! 冷凍レンチンパック (9月21日発売!Amazon・楽天ブックスなどで予約受付中です) 火を使わずに作れる、超時短な作り置き📝 時間に追われる仕事終わりや、平日楽する簡単レシピを中心に紹介♪ 4歳、2歳の2児の母でありワーママです! * 身近に手に入る食材で作れる節約レシピ◎ レンジで一発で作れるレシピや下味冷凍なども考案しています◎ * みんな大好きなパスタ・うどんの下味冷凍は要チェックですよ♡

    「料理家」という働き方 Artist History