レシピサイトNadia

    【お弁当・おつまみにも】背開きえびの梅しそ天ぷら。

    主菜

    【お弁当・おつまみにも】背開きえびの梅しそ天ぷら。

    お気に入り

    122

    • 投稿日2019/03/29

    • 調理時間10

    一般的なサイズのえびは、食べこたえ不足に感じることも。背開きにして大葉と梅をのせて揚げることで見た目も食べ応えもボリュームアップ。梅干しの塩分があるのでタレがなくてもお弁当においしいですよ。お酒のおつまみには、ほんのり塩を振っても◎。 大葉で包むよりも簡単で、刻むことでより一層、大葉の風味もたっぷり。薬味好きも満足の一品。ぜひお試しを♪

    材料2人分

    • えび
      6尾
    • 大葉
      8枚
    • 梅干し
      1個
    • A
      天ぷら粉
      30g
    • A
      40ml
    • 揚げ油(白ごま油やエキストラバージンオリーブオイル)
      適量

    作り方

    ポイント

    ※えびの尻尾の処理はしっかりすることで臭みなく、尾までおいしく揚がります。 ※揚げる時は、大葉のついていない方をしっかり目に揚げてから裏返し、箸で触れてサクッとしてから油を切ります。

    • 1

      えびは背開きにして背わたを取り除き尾の中央部分の殻をとります。

      工程写真
    • 2

      包丁の背でこするようにして尾の汚れを取り除きます。

      工程写真
    • 3

      背開きにした身の部分に2ヶ所軽く切れ目を入れしっかりと背開きにします。

      工程写真
    • 4

      梅干しを6等分に分けのせます。

      工程写真
    • 5

      大葉は洗ってキッチンペーパーで水気をしっかり拭き取り千切りにして、(4)の梅の上に乗せやさしく抑えます。

    • 6

      A 天ぷら粉30g、水40mlを合わせて固めの天ぷら粉を作ります。

      工程写真
    • 7

      フライパンに揚げ油(白ごま油やエキストラバージンオリーブオイル)を1cm入れ中火で170〜180度に熱します。

    • 8

      大葉に指を添えて軽く抑えて天ぷら粉にくぐらせ揚げます。 ※大葉のついていない方から揚げて裏返すイメージです。背開きにしているので揚げ時間は1分程度です。

      工程写真
    • 9

      器に盛ってできあがりです。

      工程写真
    レシピID

    374112

    「大葉」の基礎

    「えび」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    天ぷら」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    奥山 まり
    Artist

    奥山 まり

    ℍ𝕆𝕂𝕂𝔸𝕀𝔻𝕆 𝔽𝕠𝕠𝕕 𝕕𝕚𝕣𝕖𝕔𝕥𝕠𝕣 身近な素材や調味料を使ってシンプルに、 『笑顔が見られるおうちご飯🍚』モットー✨ 基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】ひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです✨ 乳がんサバイバー3年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始めた君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

    「料理家」という働き方 Artist History