レシピサイトNadia
    主菜

    鯛のポワレ・ベリーエシャロット豆乳クリームソース

    • 投稿日2019/09/13

    • 更新日2019/09/13

    • 調理時間30

    芳ばしいハーブが香る鯛をしっとりと焼き上げました。クリームソースは生クリーム不使用!じゃがいもでとろみを付け、豆乳でさっぱりとヘルシーなクリームソースに仕上げました。ブルーベリーソースでフルーティーなアクセントを加えて。 柑橘系の香り、ミネラル感のある白ワインと相性がいいですよ。 少々手間はかかりますが、ホームパーティーや記念日にぴったりなハレの日レシピです!

    材料4人分

    • 1尾
    • エシャロット(玉ねぎでも可)
      2個(100g)
    • じゃがいも
      1/4個(25g)
    • A
      アメリカ産冷凍ブルーベリー
      20粒(35g)
    • A
      はちみつ
      小さじ1
    • A
      醤油・バルサミコ酢
      各小さじ1/4
    • B
      150㎖
    • B
      コンソメ顆粒
      5g
    • 豆乳(無調整)
      100ml
    • バター(有塩)
      20g
    • オリーブオイル
      大さじ1
    • タイム
      4枝
    • ふたつまみ

    作り方

    ポイント

    ・マッシュポテトはとろみの状況を見ながら少しずつ加えて下さい。多すぎるともったりと重くなってしまう場合もあります。じゃがいもの代わりにスーパーで手に入る「フレークポテト」を大さじ1にしても可!水を加えるだけでマッシュポテトになる優れものです。 ・ソースの味を塩で整える際は塩っ辛くなり過ぎない様に注意。

    • 【材料を切る】 鯛はうろことワタを取り除き、両面に塩・ふたつまみを振る。 エシャロット(玉ねぎでも可)はみじん切りにする。 じゃがいもは火を通してマッシュポテトにする。

      工程写真
    • 1

      【ブルーベリーソースを作る】 フライパンでA アメリカ産冷凍ブルーベリー20粒(35g)、はちみつ小さじ1、醤油・バルサミコ酢各小さじ1/4を弱火で加熱し、ブルーベリーが柔らかくなってきたら潰す。とろみが付くまで煮詰める。

      工程写真
    • 2

      【豆乳クリームソースを作る】 フライパンを温めてバター(有塩)を入れ、中火でエシャロットをしんなりするまで炒める。 B 水150㎖、コンソメ顆粒5gを加えて煮立たせ、弱火で水分が半量ぐらいになるまで煮詰める。 マッシュポテト、豆乳(無調整)を加えてとろみをつける。塩少々(分量外)で味を調える。

      工程写真
    • 3

      【焼く】 フライパンを温めてオリーブオイルとタイムを入れて弱火で香りを出す。 鯛を入れて中火で加熱し、片面に焼き色を付ける。ひっくり返して蓋をし、弱火で3分蒸し焼きにする。ひっくり返して1分加熱する。

      工程写真
    • 4

      【盛り付ける】 お皿に豆乳クリームソースとブルーベリーソースを敷き、鯛を盛り付ける。 お好みでパプリカ等のソテーした野菜(分量外)を彩りに添えてもオススメです。

      工程写真
    レシピID

    378694

    質問

    作ってみた!

    こんな「魚料理」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    関連キーワード

    「じゃがいも」の基礎

    「鯛」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    三浦ユーク
    • Artist

    三浦ユーク

    料理研究家・sopa i vida 統括兼メニュー開発責任者・元寿司職人(アメリカ)

    料理研究家、sopa i vida 統括兼メニュー開発責任者、元寿司職人(アメリカ) テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、企業レシピ考案、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。 得意ジャンルは、ちょっと気の利いたお酒のおつまみや居酒屋メニュー。 料理を作る時のモットーは「調和とアクセント」。全体のバランスを考えつつも、香り・食感・味覚を刺激するアクセントを加えることを意識しています。 料理は表現であり、感動と幸せを提供できる「エンターテインメント」だという想いで活動しています。作っていただいたレシピが「家庭の味」になり、代々受け継がれる様な愛されるレシピ作りを目指しています。

    「料理家」という働き方 Artist History