鮭と秋野菜の香味甘酢炒め

20

2017.09.11

分類主菜

調理時間: 20分

ID 191051

神田 美紀

薬膳で カラダ整えごはん

旬の食材をたっぷり使ったパワーアップレシピです。
今晩のおかずにどうぞ♪
慢性的な疲れ・こり・痛みなどの不調におすすめ薬膳です。
鮭は気(エネルギーの源)や血を補います。れんこん・なすは消化機能を高め、血流をよくします。しめじは血を補います。いんげんはお腹をととのえ、気を補います。香りのよいみょうがは巡りをよくします。
調味料の甘酒・酢はからだを温め、巡りをよくします。

    材料2人分
    生鮭(切り身) 2枚
    れんこん 1節(100g)
    なす 1本
    いんげん 5本
    しめじ 1/2袋
    しょうが 5g
    みょうが 3個
    米粉 小さじ1/2
    A
    甘酒(2倍濃縮) 大さじ1 1/2
    A
    しょうゆ   大さじ1 1/2
    A
    酢   大さじ1
    小さじ4
    少々
    いりごま(白) 適量
    作り方
    Point!
    ・大き目のフライパンを使うと炒めやすい
    ・米粉がなければ強力粉を使用してください。
    1. 生鮭は1枚を3~4等分に切り、塩をふり、水分がでたらふき、米粉をまぶす。
      れんこんは皮をむき、7mm厚さに切り、酢水(分量外)につけておく。
      なすはへたをとり、横半分に切ったあと、放射状に6等分する。
      いんげんはへたと筋をとり、サッとゆで、4㎝長さに切る。
      しめじは石づきをおとし、ほぐす。
      しょうがは皮をむき、千切りにする。
      みょうがは千切りにし、水にさらす。
      Aは合わせておく。
    2. フライパンに油(半量)を熱し、しょうがを炒め、香りが立ってきたら、れんこんを入れる。両面焼き色がついたら、なすを入れ、しんなりしたら、野菜をすこし、よせ、残りの油を入れ、鮭を皮目から両面焼き、鮭の火が通ったらしめじを入れる。
    3. 2の全体に火が通ったら、A

      甘酒(2倍濃縮) 大さじ1 1/2、しょうゆ   大さじ1 1/2、酢   大さじ1

      を注ぎ、煮絡める。
    4. 3を器に盛り、上に水気をきったみょうがをのせ、いりごまをふる。
    4 83
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「甘酒 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。