レシピサイトNadia

    根菜たっぷり!基本のけんちん汁

    汁物

    根菜たっぷり!基本のけんちん汁

    お気に入り

    743

    • 投稿日2015/11/13

    • 更新日2015/11/13

    • 調理時間20

    11月15日は油祝いと言って、これからやってくる本格的な寒さに備えるために、油で炒めたけんちん汁を頂いて身体を温めます。ちょうど収穫された旬の大根や人参、里芋、ごぼうなどを使った、根菜たっぷりの汁ものです。

    材料2人分

    • 木綿豆腐
      150g
    • 大根
      75g
    • 里芋
      50g
    • こんにゃく
      25g
    • 人参
      25g
    • ごぼう
      25g
    • ごま油
      小さじ1
    • こんぶだし
      2カップ
    • 清酒
      小さじ1
    • 濃口醤油
      大さじ1/2
    • 1g

    作り方

    ポイント

    動物性のものを使わない精進料理は昆布だしを使いますが、好みに応じてかつおだしでもよいでしょう。

    • 1

      大根と人参は皮をむいて銀杏切り、半月切りにする。 里芋は皮をむいて塩(分量外)をふってもみ、お湯でゆでてぬめりをとっておく。 ごぼうは皮をむいてささがきにし、水にさらしてアクを抜く。 こんにゃくはゆでて5ミリの厚さの短冊切りにする。 豆腐は2cm角に切って、キッチンペーパーなどを使って軽く水気を絞る。

    • 2

      鍋を熱してごま油をひき、大根、人参、里芋、こんにゃく、豆腐、ごぼうの順で加えて炒めていく。

    • 3

      具を炒めたら、だしを加えて煮る。途中でアクをとる。 具が煮えたら酒、醤油、塩で味をととのえて完成。

    レシピID

    133101

    「里芋」の基礎

    「大根」の基礎

    「豆腐」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    小泉明代
    Artist

    小泉明代

    管理栄養士、カラーコーディネーターを活かして、レシピ作成、健康レシピ監修などを行っております。趣味は食器集め、庭いじり、海で泳ぐことなどなど・・・

    プロフィールへ
    「料理家」という働き方 Artist History