レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

お肉プルプル♪お店に負けない♪『味しみ♡絶品豚汁』

汁物

お肉プルプル♪お店に負けない♪『味しみ♡絶品豚汁』
  • 投稿日2017/11/01

  • 調理時間40

お気に入りに追加

9141

①ゴボウを香ばしく炒める。 ②豚肉は酒と生姜パワーで柔らかく。 ③出汁は濃いめで。 ④味噌は味付け用と風味付け用に2回に分けて。 ⑤最後の味噌を入れたら煮立たせない。 (味噌を入れる前にいったん冷ますとなおGOOD) この5つを守ることで 誰でもお店に負けない 絶品豚汁を作ることができちゃいますよ♪

材料2人分

  • 豚バラ薄切り肉
    100g
  • ごぼう
    100g
  • 大根
    200g
  • にんじん
    50g
  • しめじ(小房に分ける)
    1/2袋
  • こんにゃく
    150g
  • A
    大さじ2
  • A
    しょうが(すりおろし)
    1片
  • だし汁(濃いめ)
    500〜600cc
  • 味噌
    大さじ2強
  • ごま油
    小さじ2

作り方

ポイント

★今回の出汁は、昆布とかつお節の量を倍量して取りました。また、時間がない時などは、だしの素を使用してもOKです。

  • ・豚バラ薄切り肉は、食べやすい大きさに切り、A 酒大さじ2、しょうが(すりおろし)1片を揉み込んでおく。 ・ごぼうは皮をこそげ取り、斜め薄切りにしておく。 ・大根とにんじんは、それぞれ皮をむき、大根は薄いイチョウ切りに、にんじんは薄い半月切りにしておく。 ・こんにゃくは、熱湯で1〜2分下茹でし、スプーンで食べやすい大きさにちぎっておく。

    工程写真
  • 1

    鍋にごま油を中火で熱し、ごぼうを加える。ごぼうが香ばしくなるまでじっくり炒めたら、一旦お皿に取り出す。

    工程写真
  • 2

    続いて、同じ鍋で豚肉を炒める。豚肉の色が変わったら、大根・にんじん・1を入れ、サッと炒め合わせる。

    工程写真
  • 3

    全体に油が回ったら、だし汁(濃いめ)を加える。やや強火にし、だし汁が沸騰したらアクをとり、蓋をして弱火で15分ほど煮る。

    工程写真
  • 4

    蓋をあけ、しめじ(小房に分ける)・こんにゃく・分量の半分の味噌を入れ、再度蓋をして弱火で15分煮込む。

    工程写真
  • 5

    火を止めるか弱火にし、残りの味噌を溶き入れたら、出来上がり。

    工程写真
  • 6

    器に盛って、お召し上がり下さい。

  • 7

    《ポイント》 ★ごぼうは、香ばしく炒めると風味とコクがアップして美味しくなります。また、ごぼうの皮は、アルミホイルを使ってこそげとってあげると簡単です。 ★豚肉は、酒と生姜のすりおろしを揉み込むことで、柔らか食感に仕上がります。 ★こんにゃくは煮込むと、カルシウムが溶け出てきてお肉を硬くしてしまいます。よって、2回目の煮込みの時に加えて下さい。 ★味噌は2度に分けて加えることで、具材にしっかり味がしみて美味しくなります。また、時間があれば最後の味噌を入れる前に、いったん冷まし、再度温めなおしてから味噌を加えると、より一層美味しくなります。そして、最後の味噌を入れたら、決して煮立たせないこと!せっかくの風味が飛んでしまいます。

レシピID

206990

「大根」の基礎

「にんじん」の基礎

「ごぼう」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

Yuu
Artist

Yuu

福岡県在住。 * 料理が楽しくなる”きっかけづくり” * 【やる気がなくても作りたくなる!】 【不器用でも忙しくて、やっぱり褒められたい!】 【幸せな家族時間を作りたい!】 そんな思いを叶えるレシピを目指しています。 得意分野は【季節の野菜・ヘルシー食材・節約食材を使った料理】。 ⚫︎やりたいことが多すぎて、料理に時間をかけていられない! ⚫︎育児に追われていて、ゆっくりキッチンに立つ時間がない! ⚫︎仕事と家庭の両立で、毎日時間に追われている! そんな方達の”時間と心にゆとりを作るお手伝い”ができたら嬉しいです♪ 好物は、あたりめ。 《著書》 ・Yuu*'s スピードおうちバル(光文社) ・Yuu*のゆる☆つくりおき(主婦と生活社) ・Yuuのラクうま♡ベストレシピ(扶桑社) ・Yuuのラクうま♡晩ごはん(扶桑社)←最新刊です 《お知らせ》 いつも、お気に入り登録やコメント、本当にありがとうございます! 励みになっております^^♪ 只今、業務多忙につき、数ヶ月の間コメントの返信をお休みさせて頂いておりますm(_ _)m しかし、質問などにはお答えしますし 頂いたコメントは全て目を通させていただきますので お気軽にコメントくださいね! これからも、どうぞよろしくお願い致します♡

「料理家」という働き方 Artist History