自家製バーニャカウダソース

30

2016.12.07

分類調味料

調理時間: 30分

ID 144813

前澤 泰爾

フードコーディネーター/調理師

バーニャカウダはイタリアのピエモンテ州を代表する冬の野菜料理で、「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」の意味です。(ちなみにピエモンテ州の州都はトリノです。)寒い季節も美味しく野菜を食べれるように、生クリームたっぷりのホワイトソース仕立てにしました。このソースはバーニャカウダの「素」なので、かなり濃い目の仕上りです。ディップソースで使用する時は牛乳や生クリームでのばすことをオススメします。

    材料
    にんにく 50g
    生クリーム 500cc
    A
    アンチョビペースト 1本(60g)
    A
    オリーブオイル 大さじ1
    A
    輪切唐辛子 5個
    A
    胡椒 小さじ1/2
    牛乳 適宜
    作り方
    Point!
    このレシピはクセのない使い回しが効く味に仕上げています。アンチョビはペーストを使うと舌触り滑らかになるのでオススメします。冷蔵で1週間ほど日持ちしますが早めにお召し上がりを。
    クリーム系のパスタやリゾット、グラタンの味付けに役立ちます。個人的に白和えの味付けに使用しましたが、和食でも美味しく活用出来ますよ。クリスマスからお正月にかけて幅広く使えそうなソースです。瓶詰にしてお裾分けも出来ますよ!!
    1. にんにくの皮とヘタを取り、鍋に入れて、かぶる位の水をはり、臭みを取るために牛乳を加えてから、にんにくに串がスッと刺さる位まで煮る。
    2. 別の鍋にA

      アンチョビペースト 1本(60g)、オリーブオイル 大さじ1、輪切唐辛子 5個、胡椒 小さじ1/2

      を入れ、[1]のにんにくを潰して加え、香りが立つまで弱火で炒める。
    3. 生クリームを[2]に加えて中火で煮詰める。つや、とろみがつくくらいが目安。鍋底を焦がさぬように、また吹きこぼさないように火加減に注意する事。
    4. 耐熱容器に移して粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。
    14 76
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「アンチョビペースト 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。