レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

招福!お多幸(明石タコ入り)な恵方巻

主食

招福!お多幸(明石タコ入り)な恵方巻
  • 投稿日2018/02/01

  • 調理時間20(炊飯の時間を除く)

明石らしく、明石たこ1本太いのを入れましょう!他の鮮魚との相性も抜群ですよ。

材料4人分

  • 2合
  • A
    米酢
    80ml
  • A
    砂糖
    30g
  • A
    6g
  • 昆布(5㎝×5㎝)
    1枚
  • B
    明石タコの足(茹で)
    4本
  • B
    80g
  • B
    サーモン
    80g
  • B
    きゅうり
    1本
  • B
    厚焼きたまご
    1枚
  • 大葉
    8枚
  • 海苔
    4枚

作り方

ポイント

明石の海苔は、水分を含んでも、パリパリ感が持続します。具材は、マグロ、穴子、アボガド、かにかまなど、お好みのものを入れてオリジナルの恵方巻を作りましょう。

  • ・米は昆布を入れて、炊飯する。(寿司めし用があればその目盛り水加減する) ・B 明石タコの足(茹で)4本、鯛80g、サーモン80g、きゅうり1本、厚焼きたまご1枚は細長く切っておく。

  • 1

    A 米酢80ml、砂糖30g、塩6gを合わせて、合わせ酢を作り、炊きあがった炊飯器に回しかけ、蓋をして10秒。半切り(ボール)に取りだし、切るように混ぜ、冷ましておく。

  • 2

    巻きすに海苔をおき、1/4のすし飯を広げる。 注:米粒をつぶさないように。海苔の手前1㎝、向こう側は2㎝は、すし飯はのせない。

  • 3

    大葉、B 明石タコの足(茹で)4本、鯛80g、サーモン80g、きゅうり1本、厚焼きたまご1枚を中央より手前側にのせ、手前側の巻きすとすし飯を持ち上げ、向こう側のすし飯を合わせるように巻く。

  • 4

    手前にぎゅっと引いて、上を軽く押さえる。できれば、数分おくと、海苔が落ち着く。

レシピID

236627

「大葉」の基礎

「きゅうり」の基礎

「酢」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

川端寿美香
Artist

川端寿美香

日本野菜ソムリエ認定料理教室「Maman's Dream」主宰 美養食研究家 野菜ソムリエ ベジフルビューティセルフアドバイザー アンチエイジングプランナー お魚かたりべ(水産庁長官任命) 食育仕事人(近畿農政局認定) 食品衛生責任者 ルクルーゼアンバサダー 自宅や外部教室で野菜と魚の料理教室、魚さばき方教室を開催しております。 食育や魚食普及、美と健康、アンチエイジングなどの食生活、料理方法などを含めたセミナー講師としても活動しています。

「料理家」という働き方 Artist History