お雛さまのちらし寿司【市販のすしの素使用*見た目より簡単】

25

2020.03.03

分類主食

調理時間: 25分

ID 387078

道添明子〈あーぴん〉

♪料理研究家♪あーぴんの簡単・美味しい・お洒落なごはん♬

★【お雛さまのちらし寿司】大変そうに見えますが、中の具材は《ちらし寿司の素》使っています。

★型を抜いた後の材料は細かく刻んで
ちらし寿司に混ぜ込み無駄のないようにしています。

★薄焼き玉子を綺麗に作るには必ず卵液をザルなどでこしてくださいね。玉子焼き器ではなくフライパンで丸く焼くと着物のようになります。

    材料2人分
    炊きたてご飯 300g
    ちらし寿司の素 1袋(70g 具入り)
    薄焼き卵 4枚(フライパンで丸く焼く)
    菜の花 4本
    にんじん 50g(なるべく長く1/2本)
    きゅうり 1/2本
    ハム 2枚
    赤色・黄色パプリカ 適量
    焼き海苔 1/4枚
    作り方
    Point!
    ★ちらし寿司を小さなおにぎりの形にして、薄焼き玉子に襟を重ねて包みます。
    なるべく安定の良いおにぎりにするのが上手に出来るポイントです。
    1. *炊きたてご飯にちらし寿司の素を混ぜて4等分して小さなおにぎりを作る。
      *薄焼き卵を用意する。〈着物にするのでフライパンで丸く焼く〉
      *菜の花は塩茹でする。
    2. にんじんは縦に薄切りして10cm長さくらいのものを4枚用意して、残りは型で抜いてゆでておく。
      〈型抜きのあまりはちらし寿司の中に入れても良いです〉
    3. きゅうりは縦に薄切りしてなるべく10cmのものを4枚用意して、残りは型で抜いておく。
    4. ハム、赤色・黄色パプリカ、焼き海苔は1cm幅の薄切りにしておく。
      〈襟にするのでなるべく長い方が良いです…〉
      あまりはちらし寿司の中に入れても良いです。
    5. 薄焼き卵を半分に折り、男雛は焼き海苔、きゅうり、黄色パプリカ遠襟に重ねて着物のようにちらし寿司を包み、菜の花などを飾る。
    6. 女雛は薄焼き卵に焼き海苔、ハム、赤色パプリカ、にんじんなどで襟をつける 、ちらし寿司を包み菜の花、型抜きにんじんなどを飾る。
    7. 中のちらし寿司は即席ちらし寿司の素を使用して混ぜるだけ!薄焼き卵さえ作れば着物の襟はあるもので大丈夫です。
    14 43
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「すし 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。