レシピサイトNadia
    主菜

    【鶏むね肉と彩り野菜の香味だれ】体が喜ぶ♪ポン酢で簡単おかず

    • 投稿日2022/05/25

    • 更新日2022/05/25

    • 調理時間15

    【ポン酢で簡単❣️彩り野菜で栄養満点◎体が喜ぶヘルシーおかず🥢✨】 鶏肉、茄子、トマトを香ばしく 焼いて、ポン酢で簡単香味だれを たっぷりかけていただきます🙏🥢 片栗粉をまぶして焼いた 鶏むね肉はしっとり柔らか♪✨ とろんとジューシーな茄子に 軽く焼いたトマトは甘みを増して 香りの良い香味だれがかかると 絶妙な味わいで…🙈さっぱりだけど モリモリお箸がすすむおかずです🥢

    材料2人分

    • 鶏むね肉
      1枚(300g)
    • 茄子
      1本(130g)
    • トマト
      小1個(100g)
    • 酒、醤油
      各小さじ2
    • 片栗粉
      適量
    • A
      長ねぎ
      1/3本(みじん切り)
    • A
      ポン酢
      大さじ2
    • A
      醤油、砂糖、ごま油
      各大さじ1

    作り方

    ポイント

    ★水菜お好みで♪ ★茄子は塩水(水1カップに塩小さじ1程度)に晒す事で短時間でもとろんと柔らかい仕上がりになり油の吸いすぎも防いでくれます◎

    • 1

      鶏むね肉はそぎ切りにして、酒、醤油を揉みこみ片栗粉をまぶす。

      工程写真
    • 2

      トマト、茄子は乱切りにして茄子は塩水にさらす。

      工程写真
    • 3

      フライパンに油大さじ1を中火で熱し、水気を切った茄子、鶏肉を入れこんがり焼く。

      工程写真
    • 4

      トマトを加えさっと炒め、器に取り出し合わせたA 長ねぎ1/3本(みじん切り)、ポン酢大さじ2、醤油、砂糖、ごま油各大さじ1をかける。

      工程写真
    レシピID

    437872

    質問

    作ってみた!

    • あきりんりん♪
      あきりんりん♪

      2024/07/20 19:27

      さっぱりしていて、とっても美味しかったです!この夏の定番にします☺️ タレにみょうがも加えてさっぱりー♥
    • あり
      あり

      2024/07/11 21:55

      夏らしくて美味しかったです◎
    • Konoha🌿
      Konoha🌿

      2024/07/11 21:22

      さっぱりした香味だれが 全部の具材にしっかり合って 夫婦であっという間に完食でした✾𓈒𓂂𓇬.
    • 直希
      直希

      2024/06/30 18:45

      とても美味しかったです♪
    • 894784
      894784

      2024/06/24 18:36

      甘酸っぱく夏にぴったりです!

    こんな「鶏むね肉」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「鶏むね肉」の基礎

    「トマト」の基礎

    「なす」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    coto
    • Artist

    coto

    料理家

    • 調理師
    • 食育インストラクター

    食べる事が大好きな一児のママです✩ ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 書籍(宝島社) 【cotoの家族が喜ぶおうちごはん】(2021.12) 【cotoの人気おかずで35日間献立】(2023.3) おかげさまで累計10万部突破しました🥹✨ ・全国の書店・楽天ブックス・Amazonにて𓂃𓈒𓏸 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ ▪️Instagram フォロワー56万人(2023.10) @ct__cook ▪️YouTube はじめました(2023.10) 「cotoのおうちごはん」 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 身近な食材と一般的な調味料だけを使って栄養たっぷり、誰でも失敗なく作れる簡単で分かりやすいレシピを目指して発信しています。 簡単時短になる豆知識等も♬︎ レンジレシピや包丁を使わないレシピ等のささっと作れるもの、家族の為に栄養のある物を考えて日々お料理をしています。 美味しい物を食べる幸せ、喜んで食べてもらった時の幸せ。笑顔が溢れる食卓に、愛情たっぷりのおうちごはんを美味しく召し上がって頂けることを願って。 そして将来大きくなった我が子が母の味をいつでも作って食べれる様に記録に残します。

    「料理家」という働き方 Artist History