レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

オランジュショコラのスコーン§サクッサクでもしっとりでも

デザート

オランジュショコラのスコーン§サクッサクでもしっとりでも
  • 投稿日2020/06/05

  • 調理時間30(冷やす時間をのぞく)

お気に入りに追加

64

粉ものだけで生きて行きたいワタシ…ここしばらくスコーンが食べたかったんです。 冷凍室の整理中、今日の抜擢はオレンジピール。おやつに買ってあったチョコレートあってよかった! 迷わずに黄金コンビで。 説明はいらないですね、アメリカンなスコーンです、しっとりでもサクッとでも… お好みの仕上げにしてみてね。甘さ控えめなので朝食やブランチにもどうぞ。 私は3つ食べてしまい…反省、だからあんまり作れません。 ♡[お気に入り]や[おいしそう]のクリップありがとうございます!!、とっても嬉しくて楽しくレシピ作っています♡

材料8人分8個分

  • オレンジピール
    50g(ネーブルオレンジピール使用)
  • チョコレート
    60g
  • A
    薄力粉
    180g
  • A
    アーモンドパウダー
    60g
  • A
    砂糖
    40g
  • A
    ベーキングパウダー
    小さじ1+1/2
  • バター
    80g(有塩)
  • B
    小1個(50gほど)
  • B
    コアントロー
    小さじ2
  • 牛乳
    少々
  • C
    粉砂糖
    適量
  • C
    コアントロー
    適量

作り方

ポイント

◆ドライフルーツはオレンジの他どんなフルーツでも、チョコレートもホワイトやルビー等お好みで、好みのスコーンづくり楽しんで。

  • ◆オレンジピールは5mm角に切る ◆チョコレートは1-2㎝角に切る ◆バターは1㎝角に切ってラップに包んで冷凍庫で冷やす。

    工程写真
  • 1

    A 薄力粉180g、アーモンドパウダー60g、砂糖40g、ベーキングパウダー小さじ1+1/2をフードプロセッサーに入れ、スイッチオンとオフを3-5回繰り返し粉をふるう。

  • 2

    [1]に冷凍庫から出したバターを加え、オンとオフをくり返しカタカタ音がしなくなるまで混ぜ合わせる。

  • 3

    [2]をスイッチオンし、フードプロセッサーの穴が開いているところから混ぜ合わせたB 卵小1個、コアントロー小さじ2を少しずつ加え、たまにオンとオフをくり返しながら全体がムラなく黄色くなったら止める。 ∴粉ぽいうちにストップする。

  • 4

    [3]をポリ袋に入れ、オレンジピール、チョコレートを加え全体に均等に広がるよう混ぜ、ひとまとまりにする。 ∴しっとりした仕上がりにしたい場合は、ポリ袋のうえから何度かおして、ひとまとめにする。こねるようにしてしまうと硬くなってしまいます。 ∴さっくりとな仕上がりにしたい場合は、ポリ袋の上からめん棒で平らにのばし折り、延ばし折りを3-5回ほど繰り返す。

  • 5

    [4]のポリ袋の上から2㎝厚みにのばし、冷凍庫で20分ほど冷やす。 ∴目安は15×16㎝サイズ

    工程写真
  • 6

    冷凍庫から出して包丁で8等分に切り(どんな形でも良い)。 オーブンペーパーを敷いた天板に間隔をあけて並べのせ、表面にハケで牛乳をぬる。 ∴うえにチョコレートやオレンジピール(共に分量外)をつけても良い。(私はとこどどころつけています、チョコレート多めについた部分が子供に人気でした)

  • 7

    180℃のオーブンで18-20分焼き、ケーキクーラー等の上で冷やす。 冷めたらC 粉砂糖適量、コアントロー適量を混ぜ合わせてかける。

    工程写真
レシピID

393030

「チョコレート」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

スコーン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

栄養士:木内由紀
Artist

栄養士:木内由紀

4年間の生活を経てアメリカより帰国、 世界中の人々が生活するワシントンDCで世界各国の食材や料理に触れ、日本の食の素晴らしさを再認識する。 旬の素材、身近な材料を使い、「おいしさは80%が視覚から!」をモットーに、見て美味しく、食べて感動!更には栄養面作りやすさを考慮した新感覚なレシピを日々開発しております。 主婦目線の簡単で美味しい内容が人気を呼び、新聞や雑誌、企業などに多数レシピを提供、スタイリングも行います。 育ちざかり2男児の母でもあります。 ≪資格≫●栄養士●フードコーディネーター●製パン講師 「スーパーで揃う食材で、誰でも作れるレシピ」を基本に、 ・旬の素材をたっぷり食べようレシピ ・ちょこっとアイディアでレストランの味! ・冷蔵庫にある食材で3分クッキング ・フライパン1つで時短料理 ・あら簡単!作り置きおかず ・意外な食材との組み合わせでオイシサ10倍アップ! ・育ち盛りのガッツリ料理 ※レシピ中に記載ある[砂糖]はすべて「三温糖」を使っています。 「三温糖」を是非使っていただきたいレシピには「三温糖」と記載しています。他は「上白糖」で代用もOKです。

「料理家」という働き方 Artist History