レシピサイトNadia
    主菜

    鶏肉とかぶの治部煮

    • 投稿日2020/01/31

    • 更新日2020/01/31

    • 調理時間30

    味付けはヒガシマル割烹白だしのみ。 簡単に本格的な煮物が完成します。 片栗粉でとろみがついているので、冷めにくく体が温まる一品です

    材料2人分

    • 鶏もも肉
      1枚(200g)
    • ヒガシマル醤油「京風割烹 白だし」
      小さじ1
    • かぶ(葉つき)
      1個(130g)
    • しめじ
      1/2パック(50g)
    • ヒガシマル醤油「京風割烹 白だし」
      50ml
    • 200~250ml
    • 片栗粉
      大さじ1
    • ゆずの皮
      少々

    作り方

    ポイント

    かぶの葉の付け根には汚れがたまっています。 切り落としてから、竹串や爪楊枝を使って汚れを取り除きましょう。 片栗粉は厚くつけるとダマになって口当たりが悪くなるので、薄くつけるようにします。また片栗粉をまぶすタイミングはと加熱する直前がよいです。 味見をして濃く感じたら、お水を少しずつ加えて好みの味に整えます。

    • かぶ(葉つき)は茎を1cmほど残して切り落とす(茎と葉3本ほどは茹でて使うので捨てないこと) 4等分に切り、皮をむく。 鶏もも肉は一口大に切り、ヒガシマル割烹白だしを加えてしっかりともみ込む。 しめじは石づきを切り、手でほぐす。

      工程写真
    • 1

      鍋にヒガシマル醤油「京風割烹 白だし」、水、かぶを加えてキッチンペーパーで落としぶたをし、中火にかける。 かぶの茎と葉を別の鍋で軽く茹でて5cmの長さに切る。

      工程写真
    • 2

      ここで鶏肉に片栗粉をまぶしておく。

    • 3

      かぶが少し柔らかくなったら鶏肉をだしに加え、蓋をしてやや弱火で5分ほど煮る (途中、鍋底に付かないように箸で混ぜる)

      工程写真
    • 4

      しめじを加えてさらに煮る 器に盛る 別に茹でたかぶの葉は鍋に残っただしにくぐらせてから器に盛る あればゆずの皮を一緒に盛る

      工程写真
    レシピID

    385489

    質問

    作ってみた!

    こんな「鶏肉」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「しめじ」の基礎

    「鶏もも肉」の基礎

    「出汁」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    川崎利栄
    • Artist

    川崎利栄

    川崎利栄(かわさきりえ) フォトスタイリスト&フードプランナー、フードスタイリスト 岸和田市在住(アトリエFood Planet主宰) フードコーディネーター講師に従事し、カフェ、ダイニング、料理スクールの立ち上げ、 プランニング、料理写真の提供を経験を経て地元にアトリエを構える。 2014年彩誉ブランド推進委員として地元の食の発信に携わる。 おべんとう作りはライフワークであり、これまで延べ5,000個以上作っています。 レシピ制作はもちろん、レシピ再現、撮影まで一貫して自身で行います。 ■書籍 ・2020年2月20日 世界文化社「朝8分ほったらかし弁当 3品同時に作れる魔法のレシピ」出版 ・遊タイム出版 お弁当に!パーティーに!おいしく簡単ロール寿司(レシピ・写真提供) ・日東書院 みんなのOh!Bento(お弁当ライフ掲載) ・扶桑社 レシピブログmagazine冬号 (一部スタイリング) ・今春出版予定のトップブロガーさんの料理本1冊をスタイリング ■メディア 読売テレビ「秘密のケンミンSHOW」 テレビ朝日「食彩の王国」 地元食材を使った料理5品製作 毎日新聞関西版「彩る」 テレビ朝日「おはよう朝日です」 日本テレビ「スッキリ」 関西テレビ「やすとも・友近のキメツケ」 読売テレビ「anna」「ピーチcafe」

    「料理家」という働き方 Artist History