レシピサイトNadia

    やわらかささみに驚き隠せず。揚げ茄子とささみの香味だれ

    主菜

    やわらかささみに驚き隠せず。揚げ茄子とささみの香味だれ

    お気に入り

    115

    • 投稿日2019/04/23

    • 調理時間15

    驚きます。以前ご紹介した「鶏むね肉をやわらかく仕上げるレシピ」のささみ版です。 ささみの方が、数倍やわらかくなります。もうふわっふわ。ささみを食べていることを忘れます。しかも冷えても食感変わらず。 ささみばかり褒めましたが、茄子はやっぱり下手なことはせず、油で揚げるのが一番。少ない油だとおいしくないので、ちゃんと油を使って揚げます。とはいえ鍋に1センチほど。これくらいでおいしくなるなら、けちらず揚げましょ♡

    材料3人分

    • 長なす
      2本(普通のなすなら3~4本)
    • ささみ
      3本
    • 片栗粉
      大さじ1弱
    • 香味だれ
      大さじ3(ID372686)
    • 青ねぎ(刻み)
      適量
    • 揚げ油
      適量

    作り方

    ポイント

    ■なすは多少大きいかな…くらいにカットしてください。揚げると縮むので、小さいと貧相に見えてしまいます。 ■なすを揚げるときは、高温でサッと!余熱で火が通る&生でも食べられるのでサッと上げるだけで充分です。 ■ささみはとにかく、このレシピ通りにゆでれば、ふんわりふわふわ、驚きの食感です。

    • ■鍋に熱湯を沸かします。お味噌汁を作る18㎝程度の鍋にたっぷり沸かしてください。

    • 1

      【ささみをゆでます】 ささみは筋を取り、斜めそぎ切りにします。 【筋は割らない状態に割りばしで挟み、もう片方の手に布巾を持ってすべらないように筋を引っ張るときれいに取れます】

      工程写真
    • 2

      片栗粉をささみ全体にうっすらまぶします。

      工程写真
    • 3

      熱湯に広げながら入れ、ふたをしてそのまま10分放置します。 【火はつけません】

      工程写真
    • 4

      【揚げ茄子を作ります】 長なすは縦半分に切り、2ミリ幅で斜めに隠し包丁を入れ、4㎝ほどの長さにカットします。 隠し包丁を入れる方向に平行にカットしてください。水に10分ほどさらして、しっかりと水気をふき取ります。

      工程写真
    • 5

      しっかりと水気を拭いたなすを、170度に熱した揚げ油で皮目から30秒ほど揚げます。 裏返してさらに40~50秒揚げ、油から引き揚げます。 長い時間かけてあげると縮んで見た目もよくありません。ここはササッと!

    • 6

      ささみを湯に入れて10分経ったら、ザルに上げて湯を切ります。ペーパーで拭くと表面についてしまうので、自然に切る程度で充分です。

      工程写真
    • 7

      なすとささみを皿に盛り付け、香味だれを具材ごとたっぷりとかけます。 仕上げに青ねぎ(刻み)を散らして完成です!

      工程写真
    • 8

      から揚げが10倍おいしくなる『絶品食べる香味だれ』のレシピはこちらです♥ https://oceans-nadia.com/user/146865/recipe/372686

      工程写真
    レシピID

    375005

    「ささみ」の基礎

    「ネギ」の基礎

    「なす」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    ささみ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History