注目ワードネギ塩キャベツなす春雨大葉

Nadia Artistのレシピ数:44,613レシピ

2016.03.05

レディな気分で、チキンクリームパイ

キーワード
鶏肉 パイ ホワイトソース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

レディな気分で、チキンクリームパイ
子供の頃の行きつけレストラン、といえば新宿の「中村屋」でした。
骨つきチキンカレーで有名な店としてご存知でしょうか、今でも新宿のデパートでショッピングの帰りに寄ると満員のお客さん。
 以前にも書いた通り、当時(昭和30年代)は、子供に香辛料の強いものは「ご法度」でしたので、カレーは眺めるだけでしたっけ。
で、お気に入りは土鍋に入った「ナポリタン」(いわゆるナポリタンとは別物で、平打ちの油揚げ麺をアサリの入ったトマトスープで煮込んである)かミートパイ。
ミートパイはサクサクのパイ皮の中に牛ひき肉のホワイトソースがたっぷり。これひとつで軽いランチになる大き目サイズでした。
焼きたてのサクサクのパイにナイフを入れると、とろりとしたクリームソースがあふれ出す。
この「ナイフをいれた瞬間」を味わう為に、子供の私はフォークナイフの使い方を覚えたのかも、なサクサクとろりでした。
不思議なことに、当時の方が洋食屋で箸を出してくれないことが多かったので、外出先で困らないようにと、母は家でも洋食メニューのときは箸を使わずに練習させてくれていたんですが、練習の効果を一番実感したのはホテルのダイニングではなく、「中村屋のミートパイ」!ま、一年にせいぜい2,3回しかないチャンスではありましたけどね。
 
で、ある年のクリスマスのこと、いつもの鶏の腿肉じゃなく、「もっと美味しいものを作ってあげる」と母が作ったのは、あの中村屋より美味しい、チキンクリームパイ!
当時は鶏肉はかなりな豪華素材、そして冷凍のパイシートなんて存在してませんでしたから、ずいぶんと手間もお金もかかっていたことでしょう。
当時の父は「クリスマスなんて西洋かぶれのお祭り気分で馬鹿馬鹿しい」などと言ってお祝いなんて出来ませんでしたが、その年は仕事で帰宅が遅い=で母も張り切ってクリスマスの食卓を調えたわけ…小さな娘とふたりっきりでも生活を楽しむのが「ミチル流」。
思い出話が長くなりましたが、チキンクリームパイはわたしにとって「昭和最大のごちそう」だった、ということです。
2015年のみなさんが、懐かしい味を作るのは、それほど難しくありません。
一番ややこしい「折パイ生地」は買ってきちゃえば良いのですから…。
ただし、冷凍のパイシートはバターの質?かな、メーカーによって味に差がありますので、なるべく上等を選んでください。そして、解凍は時間をかけて、ゆっくりね。あわてて電子レンジで解凍、はNGですよ。
そして、以前のコラムを読んでいただければホワイトソースは作れるはず。
あとは、みじん切りの玉ねぎ、マッシュルームを炒め、色どりにグリーンピースか、ズッキーニ、ブロッコリーなど何か緑色のものを。
そして、最近のわたくしの秘訣、なんですが鶏肉はローストチキンの身を小さく切って加えたほうが「昔の味」になるみたい。
焼きたてのパイ皮のケースにトロリとクリーム煮を盛れば、懐かしい、そして誰でも大好きなチキンパイの出来上がりです。
 
 
キーワード
鶏肉 パイ ホワイトソース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

関連記事

プレゼントキャンペーン

ページの先頭へ