レシピサイトNadia

    モチモチ食感でクセになる!生春巻き鍋

    主食

    モチモチ食感でクセになる!生春巻き鍋

    お気に入り

    187

    • 投稿日2020/02/12

    • 更新日2020/02/12

    • 調理時間5

    生春巻きのモチモチした食感がクセになる、新感覚の鍋です。

    材料4人分

    • 生春巻きの皮
      20〜30枚
    • ニラ
      1〜2束
    • もやし
      1袋
    • えのき
      1袋
    • レタス
      1/2玉
    • 豚しゃぶ肉
      適量
    • むきえび
      適量
    • A
      鶏ガラスープ
      1000cc〜
    • A
      大さじ2
    • A
      ごま油
      大さじ1
    • B
      めんつゆ
      60cc
    • B
      レモン汁
      30cc
    • B
      60cc

    作り方

    ポイント

    ・生春巻きの皮は水分で柔らかくなるので、スープは減っていきます。適宜鶏ガラスープを足してくださいね。 ・つけダレの水の量はめんつゆの濃さによりお好みで調整してください。 ・レモン汁がなければポン酢でも代用可です。 ・生春巻の皮が入るサイズの鍋を使用するのがおすすめですが、なければ半分に切るなどして小さくします。 ・具材などはお好みのものでももちろんOKです。 ・ニラやえのきだけは小さい子どもには噛み切りにくいので、より短めに切ってください。また、生春巻きの皮も1枚だと弾力があり、喉を詰まらせるといけないので、半分や1/4に予め切るなどして小さくしてください。 ・シメがほしい場合はビーフンがおすすめですよ。

    • 1

      ニラは4cmに切り、えのきは石づきを落として半分の長さ、レタスはちぎる。

      工程写真
    • 2

      鍋に鍋のスープの材料A 鶏ガラスープ1000cc〜、酒大さじ2、ごま油大さじ1を入れて煮立てる。 つけダレの材料B めんつゆ60cc、レモン汁30cc、水60ccを混ぜ、タレを作る。

      工程写真
    • 3

      1の野菜、もやし、豚しゃぶ肉、むきえびを入れて煮る。

      工程写真
    • 4

      食材に火が通ったら生春巻きの皮生春巻きを汁に浸るようにして、数秒つけ、柔らかくなったら、野菜や肉などと一緒に取り出す。

      工程写真
    レシピID

    386135

    「もやし」の基礎

    「レモン」の基礎

    「えび」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    増田陽子
    Artist

    増田陽子

    子どもの食育料理研究家、キッズ食育マスタートレーナー。 レシピ制作、子どもの食育コラム執筆、子ども向け、大人向け、親子向け食育イベント・講座講師の他、東京にて子どもが料理をする、子どものための食育スクール青空キッチン板橋校を主宰しています。 ・・・・・・ 食は子どもにとって「成長」と「健康」のために必要ですが、それだけでなく生きていく上でたくさんの学びの要素があります。料理の一部をお手伝いするだけでも子どもは達成感を得られますし、好き嫌い克服ができたり、手先の器用さや想像力を育むこともできます。 毎日ごはんを作るのは大変です。でも、ごはんを作って子どもと一緒に季節を感じながら食べること、生活することを楽しみたい、そんな気持ちの一助になるようなレシピを提案していきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします^^ ・・・・・・・ ブログやHPでは、行事食や旬の素材を使った食育レシピを紹介するとともに、子どもの食育について、また食を通じて子育てを少し楽にするお手伝いができるように心がけて書いています。 よかったら読んでみてもらえると嬉しいです。

    「料理家」という働き方 Artist History