レシピサイトNadia
    汁物

    ルー不使用♩角切り野菜とベーコンのシチュー

    • 投稿日2020/01/15

    • 更新日2020/01/15

    • 調理時間10

    お気に入り

    4087

    市販のルーを使わず、具沢山なご馳走スープがフライパン1つで手早く作れます。 時短調理ですが、タイムを入れることで美味しさ一気に格上げ☆何時間も煮込んだ味つけに♩ タイムが無くても仕上げにブラックペッパーをかけるタイプも出来ますので良かったらお試しくださいね(^ ^)

    材料2人分

    • じゃがいも(メークイン)
      2個(200g)
    • 人参
      1/2本(100g)
    • 玉ねぎ
      1/2個(100g)
    • ベーコン
      約70g
    • サラダ油
      小さじ1
    • バター
      大さじ1
    • 小麦粉
      大さじ2
    • 牛乳
      600㎖
    • A
      顆粒コンソメ
      大さじ1と1/2
    • A
      タイム(乾燥)
      あれば、ひとつまみ
    • 少々

    作り方

    ポイント

    じゃがいもと人参はレンチンしておくことで時短に。 牛乳を入れる時は2回にわけて。初回はバターと小麦粉がなじむようによく混ぜてください。 バターが無かったら代わりにマーガリンでも作れますよ(^ ^)

    • じゃがいも(メークイン)、人参、玉ねぎは1㎝角に。ベーコンは食べやすい大きさにカットしておく。

      工程写真
    • 1

      耐熱容器に人参→じゃがいもの順に重ね入れレンジ600wで6分加熱する。

      工程写真
    • 2

      レンチンしている間に熱したフライパンにサラダ油をしき、ベーコン、玉ねぎを入れ中火で炒めていきます。

      工程写真
    • 3

      レンチン済みのじゃがいも、人参を加え更に1〜2分炒める。

      工程写真
    • 4

      ここで一旦材料をお皿にとりだし、バターと小麦粉を合わせる。

      工程写真
    • 5

      フライパンに牛乳を入れてよく混ぜ、材料を戻しA 顆粒コンソメ大さじ1と1/2、タイム(乾燥)あれば、ひとつまみを入れて、2〜3分弱火で熱し、必要であれば塩をふり味を整えてください。トロミがついてきたら出来上がり(^.^)

      工程写真
    レシピID

    384837

    質問

    作ってみた!

    • 新米ちゃん
      新米ちゃん

      2023/03/29 17:04

      すごく美味しかったです( ; ; )♡洋風スープがこんなに簡単に作れるとは思ってませんでした、
    • はち
      はち

      2020/01/27 13:19

      いつもはルーを使っています。このレシピで作ってみて、ルーがなくてもこんなに美味しい、逆に優しい味でいつもより美味しい❗今度はタイムも準備してまた作りまーす。

    このレシピが入っている特集

    献立特集2023

    こんな「シチュー」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「にんじん」の基礎

    「じゃがいも」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ちおり
    • Artist

    ちおり

    料理家

    北海道札幌市在住。 食べることが大好きな19歳と15歳、2人の娘の母です。働く主婦、子育て中ならではの等身大の料理が人気を呼び、インスタグラムのフォロワーは32万人超(2023年2月現在)となりました。 皆さんいつもありがとうございます^ ^ 【著書】 2023年2月16日に 新刊 ちおり流くり返し作りたいおかず📗が 発売されました😊手に取っていただけると 嬉しいです。 •ちおりの簡単絶品おかず【宝島社】 •ちおりの簡単絶品おかず2【宝島社】 おかげさまで書籍累計10万部を突破しました🙇🏻‍♀️ Instagram→@chiori.m.m 主婦目線で、家族から喜ばれ、忙しい女性が助かるレシピ作りがモットー。 おうちにある調味料のひと工夫で、よりおいしくなる料理をお届けしています。 レシピはもちろん、料理がおいしくなるコツや保存ワザなど、役立つ情報を日々更新中です。

    「料理家」という働き方 Artist History