レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

感動のふんわり食感♡米粉のバナナケーキ(グルテンフリー)

デザート

感動のふんわり食感♡米粉のバナナケーキ(グルテンフリー)
  • 投稿日2021/05/16

  • 調理時間50

お気に入りに追加

292

米粉で作るグルテンフリーのバナナケーキ。 完熟してないバナナもすっごく甘く美味しく作れます! (もちろん完熟バナナの消費にもおすすめ) バナナをふんわりと泡立てて作ると、 米粉なのにすっごくふわふわなバナナケーキが作れます。 最初に食べたとき、あまりのふわふわ食感と美味しさに感動してまた作ってしまいました(笑) きび砂糖40gでも甘いくらいの味わいですが、 子供たちから「このくらいの甘さがあるほうがいいよ~」と言われたので 砂糖の量はこのままにしています。 (甘さを控えたい場合は少し減らしてくださいね)

材料4人分20×8×高さ6㎝のパウンド型1本分

  • バナナ
    170g
  • きび砂糖
    40g
  • 卵(Lサイズ)
    1個
  • 米油(太白胡麻油)
    30g
  • A
    米粉
    60g
  • A
    ベーキングパウダー
    小さじ1
  • A
    重曹
    小さじ1/4
  • アーモンドパウダー
    30g
  • バナナ(トッピング用)
    1本
  • ナッツ類(トッピング用)
    適量

作り方

ポイント

バナナをレンジで1~2分加熱してから混ぜることで甘味が増して美味しくなります。 泡立て器でふんわりするまでよく混ぜてから他の材料を加えてください。 バナナの熟成度によってレンジ加熱の時間は調節してみてください。 (完熟バナナの場合はレンジ加熱なしでもOKです) 米粉、ベーキングパウダー、重曹を加えるときはそのまま加えて泡立て器で混ぜて大丈夫です。 (重曹はこんがりとした焼き色と香ばしい風味をつけるために加えています) 最後に加えるアーモンドパウダーはダマにならないよう、漉し器などで粉をふるって加え、 ゴムベラで混ぜ合わせてください。 (泡立て器だと泡立ての部分に生地が絡みすぎてしまうためです)

  • ・パウンド型にクッキングシートを敷いておく。 ・オーブンを180度に予熱する。

  • 1

    耐熱ボウルにバナナを手で適当な大きさにちぎって入れ、レンジ600Wで1~2分加熱する。 (完熟バナナの場合はこの工程は省いてもOKです) バナナ170gは今回中サイズ3本程度でした。 加熱して柔らかくなったバナナを泡立て器でふわふわになるようよく混ぜる。

    工程写真
  • 2

    バナナがふわふわになったらきび砂糖を加えてよく混ぜ、続いて卵(Lサイズ)を加えてしっかりと混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 3

    米油(太白胡麻油)を加えてよく混ぜる。

    工程写真
  • 4

    A 米粉60g、ベーキングパウダー小さじ1、重曹小さじ1/4を加えて泡立て器で混ぜる。

    工程写真
  • 5

    粉っぽさがなくなったら、今度はアーモンドパウダーをふるいながら加えてゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 6

    パウンド型に生地を流し入れ、表面を平らにならし、 バナナ(トッピング用)を角切りにして全体に散らし、お好みで砕いたナッツ類(トッピング用)をのせる。

    工程写真
  • 7

    180度に予熱したオーブンで40分ほど焼く。 焼き時間はお使いのオーブンに合わせて調節してください。 全体がふんわり膨らみ、重曹を入れているのでこんがりとした焼き色がつきます。

    工程写真
  • 8

    ミニサイズのパウンド型なら3個分できます。 ミニサイズで焼く場合は焼き時間20~30分ほどでOKです。

    工程写真
レシピID

412774

「バナナ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ケーキ」「バナナケーキ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

金子美和(さとみわ)
Artist

金子美和(さとみわ)

2児の母。 「美味しく食べて健康に過ごす」をモットーに 毎日続けられる簡単で体に優しいお料理やスイーツ作りを考案しています。 きっかけは、食生活を変えたことで、自分をはじめ家族の体質が改善したこと。 自分と子供のアトピーや花粉症などのアレルギー症状が以前よりも軽くなり 風邪をひきやすかった子供や旦那さんも 今ではほとんど風邪をひかなくなりました。 高血圧な旦那さんのために、減塩でも美味しく食べれる料理を作り 私は歳を重ねるたびに感じるお肌の老化や疲労、ストレスなどを少しでも抑えたくて、 体の中から健康的になれるよう、毎日の食事に気を付けています。 ◎なるべく動物性のものを使わなくても美味しく作れるスイーツ。 ◎甘さを抑えて美味しく作れる米粉のスイーツ。 ◎塩分控えめでも「旨い!」と言ってもらえる毎日のおかず。 ◎砂糖を減らしても「これおいしい~」と子供が喜ぶメインのおかず。 ◎子供と一緒に作れる簡単おやつ。 毎日食べる食事。 続けることが一番大切です。 簡単に作れて、どこでも手に入る食材を使ったレシピを提案していこうと思っています。 私のレシピが皆様の健康に少しでも役に立てたら嬉しいです。 資格:上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・トータルフードコーディネーター・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・ダイエット検定1級・調理師免許・ホームパーティー検定3級

「料理家」という働き方 Artist History