トマトみそのオリーブ春雨スープ§ダイエットトマトスープ

5

2021.07.15

分類汁物

調理時間: 5分(おく時間を除く)

ID 417289

栄養士:木内由紀

見て美味しく食べて美味しく、栄養面を考慮した時短・簡単レシピ

6か月で18キロの減量に成功した夫のお昼メニューをご紹介します。
基本的に朝作ったお味噌汁にだし汁をプラスし、動物性たんぱく質(お肉)と野菜を更にくわえ、
お味噌汁を味変、別のスープに仕立てて春雨を加えています。
野菜をたっぷり入れ味は少し濃いめ、栄養満点、満足度いっぱいなレシピです。

本日は[その1]オリーブオイルの香りがオイシイ、トマトみそスープ。

§辛いが好みなのでいつも辛味がプラスされていますが、好みでどうぞ。
§具材はなんでも良いですが、バランスよく、白・青・赤の野菜と動物性たんぱく質は必須。それにきのこ類、海藻類を加えたりすると良いです。

    材料

    2人分
    味噌汁の残り+だし汁 400ml(汁のみの分量で400cc)
    好みの野菜やキノコ・海藻類 200-250g
    A
    トマトペースト 大さじ1
    A
    ケチャップ 小さじ2
    A
    砂糖 小さじ1/2
    A
    ソーセージ 1本(20g)
    A
    ベーコン 30g
    春雨 15-20g(緑豆春雨)
    オリーブオイル 大さじ1
    タバスコ 適量

    作り方

    ポイント

    §ダイエット中の方はいつもより少し濃い目の味付けにして、満足度高くオイシク食べる事が無理なく続けられるポイントです。
    §朝の残りのお味噌汁に加えているので、朝の残りの具材もいつも少々入っています(油揚げとかわかめとか…)。
    それ以外にレシピの具材を加えています。多めに具材が残っていても大丈夫!
    このスープを作る際に、レシピ通りの汁量(400cc)に対し、野菜量(200-250g)を加えて作りましょう。
    もちろん、お味噌汁の残り活用しなくてもイチから作っても良いです。その場合のだし汁は、全て「本日のだし汁(スープ)」で。
    §だし汁400cc+野菜200-250g(これ以外に味噌汁の残りの野菜が入っていてもOK)に対しての調味料の分量です。
    §朝の味噌汁にだし汁だけ(味噌は加えないで…)を加えているので、味噌の配分量はその日によって違いますが、味噌が多くても少なくても美味しく出来上がるレシピです。
    §春雨は煮込むと溶けてきてしまうので、汁に浸して戻すのがおススメです。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. ◆好みの野菜やキノコ・海藻類等ここでは
      ・キャベツ90g+にんじん20g+ピーマン1個+玉ねぎ30g+コーン20g+舞茸+油揚げ等を使っています。
      ◆ソーセージは5mmに輪切り。
      ◆ベーコンは食べやすい大きさに切る。
    2. 味噌汁の残り+だし汁(本日は中華スープ)を加えて火にかけ、好みの野菜等を刻んで加える。
      煮立ってきたらA

      トマトペースト 大さじ1、ケチャップ 小さじ2、砂糖 小さじ1/2、ソーセージ 1本、ベーコン 30g

      を加え、野菜が柔らかくなってきたら火を止め、オリーブオイルを加え混ぜ、春雨も加えてスープに浸して柔らかくなるまで2-3分おく。

      ∴トマトスープにはピーマンやコーンが良く合います。
    3. 器にもり、好みでタバスコをふり、チャービルを添える。
    0 19

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「トマトスープ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは