レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【定番の和食・作り置き】冷めてもおいしい基本の五目ごはんの素

主食

【定番の和食・作り置き】冷めてもおいしい基本の五目ごはんの素
  • 投稿日2019/02/21

  • 調理時間25

上品なおこわもいいけれど、たまにはガッツリもやっぱり人気。濃いめの味付けでごはんがメイン! 冷奴やお浸し……お味噌汁やシンプルな一品があれば十分満足できる定番の炊き込みご飯です。 具はできあがりまで15分。まとめて作って冷凍保存しておけばいつでも使えるので倍量作りをおすすめします♪

材料米5〜6合分

  • A
    鶏むね、皮なし
    120g
  • A
    人参
    1/2本(大きめのものを使用しています。)
  • A
    ごぼう
    1本
  • A
    れんこん
    40g
  • B
    しょうゆ
    40cc
  • B
    本みりん
    40cc
  • B
    清酒
    40cc
  • B
    砂糖
    40g

作り方

ポイント

基本の調味料は1:1:1:1のわかりやすい配合です。具は、干し椎茸やひじきを合わせて200gプラスして、すべての調味料を20gずつ増やしても◎。

  • 1

    鶏むね肉は、小さめの角切りにします。

    工程写真
  • 2

    人参は皮をむいて3mm厚さに切り、3mm程度の千切りにします。 ※長さのある面が左右にくるようにおいて短い千切りになるようにします。

  • 3

    ごぼうは洗って包丁の背で皮をなでるようにむいて4〜5等分長さに切り、それぞれ3mm程度の千切りにします。 ※すぐに調理する時は水さらし不要の方が、ごぼうの旨みが引き立ちます。

  • 4

    れんこんは3mm厚さのいちょう切りにします。 ※すぐに調理する場合は、水さらし不要です。

  • 5

    フライパンに分量外の油大さじ1を中火で熱し、A 鶏むね、皮なし120g、人参1/2本、ごぼう1本、れんこん40gを鶏肉が白くなり火が通るまで炒めます。 ※写真は20cmの深めのフライパンを使用しています。

    工程写真
  • 6

    B しょうゆ40cc、本みりん40cc、清酒40cc、砂糖40gを入れ落し蓋をし、弱めの中火で13〜15分煮て煮汁がなくなる程度まで煮詰めてできあがり。途中2度ほど様子を見ながら上下を返すように混ぜてください。 ※アルミホイルやクッキングシートを使用する場合は、中央に十字に切り込みを入れることで浮き上がらずまんべんなく味が行き届きます。 ※写真はできあがりの状態です。

    工程写真
  • 7

    5合分の材料の時は全量をジプロックなどに入れて冷凍保存。 ※2〜3合用に、2つにわけています。

    工程写真
レシピID

372649

「にんじん」の基礎

「ごぼう」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

炊き込みご飯」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

奥山 まり
Artist

奥山 まり

身近な素材や調味料を使ってシンプルに、〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。 フードディレクターとして産地を巡り・新商品やリニューアル商品の開発・飲食店メニューの構築などに携わる中で、プロの現場の機材や調味料と家庭での調理の違いを肌に感じる日々。 「家庭だからこだわって作れるもの」「家庭だったらこう作るといいかも?」と、基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】とひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです。 乳がんサバイバー2年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始める君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

「料理家」という働き方 Artist History