レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【作業15分】リクエストが来る!オニオングラタンスープ

汁物

【作業15分】リクエストが来る!オニオングラタンスープ
  • 投稿日2019/11/25

  • 調理時間35

ホームパーティーや食欲がない時にもおすすめ!娘が毎日でも食べたいと言うオニオングラタンスープです。時間はかかりますが、放置している間にメインやサラダができるオニオングラタンいかがでしょう♪もっと時間を縮めたい時には、テフロン加工ではなく、ホーローやステンレスの鍋を使用してください。

材料4人分※10cmココット4〜5個分

  • A
    玉ねぎ
    4個
  • A
    水1
    150ml
  • 水2
    50ml
  • B
    水3
    400ml
  • B
    顆粒コンソメ
    9g(2袋)
  • 適量
  • バケット(8mm〜1cm厚さ)
    4枚
  • にんにく
    1片
  • シュレッドチーズ
    適量

作り方

ポイント

■玉ねぎは、芯の部分は切り取って千切りにし、全体的にごく薄くスライスしてください。(芯を除いておくことでしっかりとほぐれます。) ■水2を注ぐ段階で、玉ねぎは全体にしっかりと水分が飛んでいる状態がベストです。 ■塩を醤油少々に変えて、ほんのり和テイストに仕上げてアレンジも人気です。 ■顆粒コンソメは、無添加のものを使用しています。

  • ■玉ねぎは皮をむいて、縦に2mm厚さに切ります。 ■にんにくの皮をむいて横半分に切り、にんにくの断面をバケット(8mm〜1cm厚さ)に、こすり付けるようにして香りを移します。

  • 1

    深めのフライパンまたは厚手の鍋にA 玉ねぎ4個、水1150mlを入れて蓋をして中火で15分煮ます。

    工程写真
  • 2

    蓋を取り、天地を返すようにして10分、途中、2〜3度混ぜながら水分が飛ぶまで中火にかけます。

    工程写真
  • 3

    写真程度の水分になったら強めの中火にします。 ※強めの中火にした時からは、鍋のそばを離れないでください。(10〜13分程度)

    工程写真
  • 4

    鍋やフライパンの側面についた玉ねぎが焦げないようになじませながら仕上げていきます。

    工程写真
  • 5

    玉ねぎ全体がうっすら黄色味を帯びて、水分がしっかり飛んだら水2を3回に分けて入れ、都度、混ぜ合わせます。 ※入れるたびに、水分ジューッと弾く音がします。この工程で全体にあめ色に仕上がります。

    工程写真
  • 6

    5にB 水3400ml、顆粒コンソメ9g(2袋)を入れ、塩で味を整え耐熱容器に入れます。 下準備したバケットをトースターで焦げない程度に焼きます。

  • 7

    オニオンスープの上に、トーストしたバケット・シュレッドチーズの順でのせ、チーズが溶けるまでトースターにかけます。 ※濃厚に仕上げたい場合には、上からオリーブオイル少々を振ってください。

    工程写真
  • 8

    お好みでパセリを振ってどうぞ♪

    工程写真
  • 9

    今回は、半量のオニオングラタンスープにしました。残った玉ねぎは、冷凍保存しておくとハンバーグやカレーにも使用できます。

    工程写真
レシピID

382976

「にんにく」の基礎

「玉ねぎ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

スープ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

奥山 まり
Artist

奥山 まり

身近な素材や調味料を使ってシンプルに、〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。 フードディレクターとして産地を巡り・新商品やリニューアル商品の開発・飲食店メニューの構築などに携わる中で、プロの現場の機材や調味料と家庭での調理の違いを肌に感じる日々。 「家庭だからこだわって作れるもの」「家庭だったらこう作るといいかも?」と、基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】とひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです。 乳がんサバイバー2年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始める君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

「料理家」という働き方 Artist History