レシピサイトNadia
    主菜

    トナカイさんのチキンソテー♪ホワイトXmasソース

    • 投稿日2019/11/18

    • 更新日2019/11/18

    • 調理時間30

    お気に入り

    44

    パリパリジューシーなチキンソテーがクリスマスのトナカイさんに大変身!可愛いクリスマスのメインメニューです♪ 難しいホワイトソースは電子レンジで簡単時短調理!芳ばしいチキンソテーと相性抜群です♪

    材料1人分

    • 鶏モモ肉
      ½枚
    • レンコン(1㎝厚輪切り)
      1枚
    • オリーブオイル
      小さじ1
    • ひとつまみ
    • A
      薄力粉
      大さじ1
    • A
      バター(有塩)
      10g
    • B
      牛乳
      80㎖
    • B
      コンソメ顆粒
      小さじ¼
    • B
      ホワイトペッパー(無くても可)
      少々
    • 葉物野菜(サラダ用)
      適量
    • ミニトマト
      1個
    • 黄パプリカ
      ¼個
    • 赤パプリカ
      適量
    • スライスチーズ
      適量
    • 海苔
      適量

    作り方

    ポイント

    ・鶏モモ肉を焼く際に重石をすることで皮がパリッと綺麗に焼けて美味しく仕上がります。 ・アルミホイルで包んで肉を休ませることで、肉汁が落ち着いてしっとりジューシーになります。

    • 【材料を切る・下味を付ける】 鶏モモ肉の余分な脂や筋を取り除き、厚みがある部分は包丁を入れて全体の厚みを均一にする。両面に塩をふる。 レンコン(1㎝厚輪切り)は半分に切り、水に5分さらしておく。ミニトマトは先端部分を切り、残りは粗みじん切りにする。黄パプリカは星形に型抜きし、残りは粗みじん切りにする。赤パプリカは1cm幅の縦切りにする。スライスチーズと海苔を目と口に型抜きする。葉物野菜(サラダ用)は食べやすい大きさに切る。

      工程写真
    • 1

      【焼く】 フライパンを温めてオリーブオイルをひき、鶏モモ肉の皮面を下にして上にアルミホイル、水を入れた小鍋を重石に置いて中火で5分加熱する。 重石とアルミホイルを取り、ひっくり返して3分加熱する。空いてるスペースでレンコンに焼き色を付ける。

      工程写真
    • 2

      【休ませる】 チキンソテーをアルミホイルで包み、3分置く。

      工程写真
    • 3

      【ホワイトソースを作る】 A 薄力粉大さじ1、バター(有塩)10gを電子レンジ(500w)で30秒加熱して混ぜる。合わせたB 牛乳80㎖、コンソメ顆粒小さじ¼、ホワイトペッパー(無くても可)少々を少しづつ加えて混ぜる。 再度、電子レンジで1分〜1分20秒加熱(トロミがつくまで)してダマが無くなるまで泡だて器で混ぜる。

      工程写真
    • 4

      【盛り付ける】 器にホワイトソースを敷き、上にチキンソテーをのせる。 角(レンコン) 目・口(スライスチーズと海苔) 鼻(ミニトマト) 首輪(星形黄パプリカ・赤パプリカ) サイドに葉物野菜を盛り付け、粗みじん切りにしたミニトマトとパプリカを散らして完成!

      工程写真
    レシピID

    380282

    質問

    関連キーワード

    「鶏肉料理」に関するレシピ

    「マッシュルーム」の基礎

    「トマト」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    三浦ユーク
    • Artist

    三浦ユーク

    料理研究家・sopa i vida 統括兼メニュー開発責任者・元寿司職人(アメリカ)

    料理研究家、sopa i vida 統括兼メニュー開発責任者、元寿司職人(アメリカ) テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、企業レシピ考案、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。 得意ジャンルは、ちょっと気の利いたお酒のおつまみや居酒屋メニュー。 料理を作る時のモットーは「調和とアクセント」。全体のバランスを考えつつも、香り・食感・味覚を刺激するアクセントを加えることを意識しています。 料理は表現であり、感動と幸せを提供できる「エンターテインメント」だという想いで活動しています。作っていただいたレシピが「家庭の味」になり、代々受け継がれる様な愛されるレシピ作りを目指しています。

    「料理家」という働き方 Artist History